花氷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花氷

花氷(はなごおり)は、中に花を入れて凍らせた氷の柱。氷柱、氷中花ともいう[1]。夏の季語

冷房機が普及していなかった時代、装飾と涼を得る目的をかねてデパートやホテル、レストランなどに置かれたもので、冷房が普及した現在でもイベントやパーティ用に注文される。

氷に不純物が混ざらないよう、水をかき混ぜながら凍らせるため、制作には1週間を費やす[2]。花以外にも彫刻や玩具などを入れた「物入り氷」もある。

脚注[編集]

  1. ^ 『俳句歳時記 第四版 夏』 角川文庫、2007年、p85。
  2. ^ 花氷:色とりどり、涼しさひときわ 福岡(毎日新聞) 2017年9月5日閲覧。