花柳まり草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花柳 まり草(はなやぎ まりくさ、5月21日 - )は、東京都出身の日本舞踊[1]。元宝塚歌劇団星組所属の娘役。旧芸名は「美春 あやか」(みはる あやか)[1]

概要[編集]

幼少より日本舞踊を習い、大妻高等学校を経て宝塚音楽学校を48人中3番[2]の成績で卒業(校長賞授与)[1]

2006年、92期生として宝塚歌劇団に入団。のちに星組に配属。

2008年7月から1年間、TAKARAZUKA SKY STAGEの第7期スカイ・フェアリーズを務める。

2009年、宝塚歌劇団を退団後は、明治大学文学部演劇学専攻を卒業[1]

2011年の花柳流普通部名取試験合格、2013年に師範試験である花柳流専門部試験の合格経て、日本舞踊花柳流師範となる[1]

国内外の舞踊公演に出演する一方[1]野村萬斎主演『現代能 安倍晴明』、市川海老蔵主演『石川五右衛門外伝』等、伝統芸能の異種コラボに日本舞踊から参加するなど、クロスオーバーな活動も見せ、日本舞踊の普及に努める。

主な出演[編集]

宝塚歌劇団所属時代[編集]

  • 2007年1月、『ハロー!ダンシング』(バウ)
  • 2007年9月、『Kean(キーン)』(日生劇場)ポーレット
  • 2007年11月、『エル・アルコン-鷹-』新人公演:クリスティーヌ(本役:南帆サリ)/『レビュー・オルキス -蘭の星-』
  • 2008年11月、『ブエノスアイレスの風 - 光と影の狭間を吹き抜けてゆく… -』(東京特別・バウ)女医
  • 2009年2月、『My dear New Orleans - 愛する我が街 -』新人公演:娼婦ローズ(本役:花愛瑞穂)/『ア ビヤント』
  • 2009年6月、『太王四神記 ver. II - 新たなる王の旅立ち -』新人公演:チャンミ(本役:純花まりい)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 花柳まり草さんに聞く日本舞踊家という仕事 - 宝塚歌劇の経験から、伝統芸能の素晴らしさに目覚めて”. 日経ウーマン (2014年4月21日). 2014年11月17日閲覧。
  2. ^ 監修:小林公一「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、118頁。ISBN 9784484146010

外部リンク[編集]