花山院持忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
花山院持忠
時代 室町時代前期 - 中期
生誕 応永12年(1405年
死没 文正2年1月7日1467年2月11日
別名 号:鳳栖院
官位 正二位内大臣太政大臣
主君 称光天皇後花園天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院忠定、母:不詳
教助、定嗣政長、兼子
テンプレートを表示

花山院 持忠(かざんいん もちただ)は、室町時代前期から中期にかけての公卿権大納言花山院忠定の子。官位正二位内大臣太政大臣花山院家14代当主。

経歴[編集]

応永29年(1422年)に従三位となり公卿に列する。参議伊予権守権中納言を経て、正長元年(1428年)に権大納言となる。永享2年(1430年従二位・造営上卿となる。永享9年(1437年右近衛大将に、永享13年(1440年)には内大臣に任じられる。嘉吉2年(1442年)に右大将を辞し、翌年には内大臣も辞した。文安5年(1448年)に44歳で出家。薨去後に太政大臣が追贈された。

なお『看聞御記』には、父・忠定に相続人がおらず花山院家家門が断絶しかかったため、「南方近衛息」(南朝関白近衛経忠の末裔)を密かに迎えて、4代将軍足利義持の加冠によって元服してその偏諱を受けたとする記述がある[1]が、真相は不明である。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 応永23年8月15日・11月9日条、応永25年2月25日条(参照:水野智之「室町将軍の偏諱と猶子 -公家衆・僧衆を対象として-」(初出:『年報中世史研究』第23号(中世史研究会、1998年5月)・所収:水野『室町時代公武関係の研究』(吉川弘文館、2005年) ISBN 978-4-642-02847-9 第三部第一章)