花山院持実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
花山院持実
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文10年10月17日1670年11月29日
死没 享保13年10月20日1728年11月21日
改名 持房(初名)→持実
官位 従二位権大納言
主君 霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院定誠、母:大炊御門経孝の娘
兄弟 定重持実
師夏常雅
テンプレートを表示

花山院 持実(かざんいん もちざね)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿内大臣花山院定誠の子。官位従二位権大納言花山院家25代当主。

経歴[編集]

寛文11年(1671年)に叙爵。始め持房と名乗った。以降累進し、元禄6年(1693年)に権大納言に任じられ、元禄16年(1703年)まで在職した。元禄7年(1694年)、従二位となり神宮伝奏となる。元禄8年(1695年)に踏歌節会外弁となり、持実と改名。

享保13年(1728年)、薨去。享年59。