花山院忠長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
花山院忠長
Kazanninn Tadanaga.jpg
花山院忠長
時代 江戸時代初期 - 前期
生誕 天正16年(1588年
死没 寛文2年9月26日1662年11月6日
改名 忠長→浄屋(法号)
官位 従四位上左近衛少将
主君 後陽成天皇
氏族 花山院家
父母 父:花山院定熙
兄弟 徳大寺実久忠長松木宗保定好
教如
野宮定逸公海
テンプレートを表示

花山院 忠長(かざんいん ただなが)は、江戸時代初期から前期にかけての公家左大臣花山院定熙の長男。官位従四位上左近衛少将花山院家20代当主。法号は浄屋

経歴[編集]

慶長14年(1609年)、後陽成天皇の女官と密通した罪により、蝦夷地へと配流される(猪熊事件)。

配所では萬福寺を住居にし、松前藩の厚遇を得て松前に京文化が伝わる契機を作ったとされる。

寛永13年(1636年)に赦免され出家、降って慶安5年(1652年)に帰洛した。

逸話[編集]

陸奥国板留温泉青森県黒石市黒石温泉郷)を訪れた際、川の水と湯が混流して入湯できなかった。そのため村人が板を集めて湯を留めて入ったと伝わり、その伝承から同地が板留温泉と称された[1]

江戸時代後期の菅江真澄は著作『邇辞貴迺波末』(ニシキノハマ)の中で、鰺ヶ沢に滞在中に忠長の古跡を偲んでいる。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ふるさとの文化遺産『郷土資料事典』2、62頁