花山院定雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
花山院定雅
時代 鎌倉時代初期—中期
生誕 建保6年12月2日1218年12月21日
死没 永仁2年2月30日1294年3月28日
別名 粟田口入道右大臣、'後花山院入道前右大臣
戒名 隆覚
官位 正二位右大臣左近衛大将
主君 順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
氏族 藤原北家花山院家
父母 父:花山院忠経、母:一条保子(一条能保の娘)
兄弟 花山院忠頼花山院師継
藤原定高の娘
花山院通雅花山院長雅花山院定教
テンプレートを表示

花山院 定雅(かざんいん さだまさ)は鎌倉時代公卿右大臣正二位左近衛大将花山院忠経の三男。粟田口入道右大臣、または後花山院入道前右大臣と号する。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』ならびに『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

元仁2年(1225年)1月23日、従五位下に叙される。嘉禄2年(1226年)1月23日、侍従に任ぜられる。同年7月29日、中宮権亮を兼ねる。同年10月19日には禁色を許され、同年12月21日には従五位上に昇叙。安貞元年(1227年)10月4日、正五位下に昇叙。安貞2年(1228年)2月1日、従四位下に昇叙。寛喜元年(1229年)8月25日に父忠経が薨去したため喪に服す。9月21日に復任した。寛喜3年(1231年)1月29日、阿波介を兼ね、同日に左近衛権中将に任ぜられる。同年10月28日、春宮権亮を兼ねる。寛喜4年(1232年)1月5日、従四位上に昇叙。同年10月4日、蔵人頭となり、同年12月2日には正四位下に昇叙。文暦元年(1234年)12月21日、参議に任ぜられる。左中将は元の如し。文暦2年(1235年)1月23日、讃岐権守を兼ねる。同年8月30日、従三位に叙せられる。同年11月17日には近江権守を兼ねる。嘉禎2年(1236年)6月9日、権中納言に任ぜられる。また、同年中に正三位に昇叙か。嘉禎3年(1237年)12月25日、従二位に昇叙。暦仁2年(1239年)1月27日、正二位に昇叙。同年10月28日、権大納言に任ぜられる。以後しばらくは正二位行権大納言のまま過ごす。建長2年(1250年)12月15日、大納言に転正し、同月24日には左近衛大将を兼ねる。建長4年(1252年)7月20日、内大臣に任ぜられ左大将は元の如し。また同年11月3日には右大臣に転任。左大将は変わらず兼任。建長5年(1253年)3月24日、左大将を辞した。建長6年(1254年)11月17日、右大臣を辞した。康元元年(1256年)11月27日[1]、出家し法名を隆覚とした。永仁2年(1294年)2月30日、薨去。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『百練抄』では12月27日の出家とする。

参考文献[編集]


先代:
花山院忠経
花山院家
第6代
次代:
花山院通雅