花代 (花街)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

花代(はなだい)とは、行事催し物を行うにおいて、寸志を出す、寄付を募ること。お花も参照。

芸妓舞妓などを呼んで置屋や茶屋、料亭で宴席を設ける場合の代金。花街では、華やかな花に見立てて「花代」と呼ぶようになった。玉代(ぎょくだい)とも言い、かつては線香代(せんこうだい)とも呼ばれた(線香を使って宴席時間を計ったため)。これとは別に芸妓・舞妓の伎芸に対しては「ご祝儀」が支払われることが一般的である。