花井聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花井 聖 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショウ
カタカナ ハナイ ショウ
ラテン文字 HANAI Sho
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-11-10) 1989年11月10日(28歳)
出身地 愛知県みよし市
身長 181cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ギラヴァンツ北九州
ポジション MF
背番号 20
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2011 名古屋グランパスエイト 7 (0)
2012-2014 徳島ヴォルティス 49 (1)
2015 V・ファーレン長崎 23 (1)
2016- ギラヴァンツ北九州 12 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

花井 聖(はない しょう、1989年11月10日 - )は、愛知県出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダー(MF)。Jリーグギラヴァンツ北九州所属。

来歴[編集]

小学校1年生のときグランパスのサッカースクールへ入り、以来U-12、U-15、U-18とグランパス一筋[1]。ユース昇格後の2006年には新川織部とともに攻撃の核として活躍し、全日本ユースの準優勝に貢献した[2]。その才能は小学校時代から抜きん出ており、4年生のころには海外遠征でフェルホーセン(当時はローダJCの監督)から声がかかるほどであった[1]

2007年はトップチームに帯同して練習し、5月に2種登録され、10月にはトップチーム昇格が決定した[3]。チーム全体では佐藤将也に次いで2人目、ユース出身者では初の平成生まれの選手となった[3]。なお、ユースの同期でこの年プロ入りしたのは、横浜FC中田健太郎だけである(中田とは高校の同級生でもある)。

2008年5月31日のナビスコカップ予選リーグ京都戦で途中交代で初出場し、同点の後半ロスタイムに津田知宏の決勝点をアシストした[4]。リーグ戦の初出場は第17節磐田[5]

2009年途中からセンターバックへのコンバートが検討された[6]

2012年徳島ヴォルティスへ完全移籍。徳島では右サイドバックで出場した。

2014年12月14日、V・ファーレン長崎への完全移籍が発表された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2008 名古屋 31 J1 4 0 1 0 1 0 6 0
2009 27 2 0 0 0 1 0 3 0
2010 0 0 4 0 3 1 7 1
2011 1 0 0 0 0 0 1 0
2012 徳島 J2 31 1 - 1 0 32 1
2013 13 0 - 1 0 14 0
2014 J1 5 0 3 0 2 0 10 0
2015 長崎 10 J2 23 1 - 0 0 23 1
2016 北九州 20 12 0 - 0 0 12 0
2017 J3 -
通算 日本 J1 12 0 8 0 7 1 27 1
日本 J2 79 2 - - 2 0 81 2
総通算 91 2 8 0 9 1 108 3

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 名古屋 27 3 0
2011 1 0
通算 AFC 4 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 読売新聞 (2008年1月3日). “はばたく平成人 (2)新監督に アピール ひらめき、幼少から”. 2009年7月3日閲覧。
  2. ^ スポーツナビ (2006年10月7日). “チームの中の個”. 2009年7月3日閲覧。
  3. ^ a b 中日スポーツ (2007年10月26日). ““ミスターグランパス”花井 来季トップ昇格 戦術眼、高さ、スピードある”. 2009年7月3日閲覧。
  4. ^ 日刊スポーツ (2008年6月1日). “18歳花井V弾演出で予選突破/ナビスコ杯”. 2009年7月3日閲覧。
  5. ^ 名古屋グランパス. “選手データ 花井聖”. 2009年7月3日閲覧。
  6. ^ 中日スポーツ (2010年2月6日). “花井、技と視野の広さで名乗り”. 2010年4月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]