花井増實

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花井 増實(はない ますみ、1951年 - )は、日本弁護士日本弁護士連合会副会長、愛知県弁護士会会長、中部弁護士会連合会理事長、アルペン取締役等を歴任。

人物・経歴[編集]

三重県生まれ。愛知県立旭丘高等学校を経て一橋大学卒業。1999年万朶総合法律事務所開設。2003年アルペン監査役。2014年愛知県弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長[1][2][3][4]。2015年中部弁護士会連合会理事長[5]、アルペン取締役[6]

この間、南山大学大学院法務研究科兼任講師、地籍問題研究会発起人[7]日本マンション学会中部支部長[8]、中部マンション管理組合協議会顧問[9]同朋大学学長候補者選考会議委員長[10]等も歴任した。

また、日本弁護士連合会立法対策センター委員長や愛知県弁護士会憲法問題委員長を務め、平和安全法制反対運動に参加[11][12]。2016年の愛知県中央メーデーでは来賓挨拶として「安保関連法の廃止、立憲主義の回復のために運動を続けている。一緒に頑張りましょう。」などと述べた[13]

著作[編集]

  • 「年齢引下げよりも少年審判の充実を」季刊教育法 (通号 77) 1989
  • 「管理費等の滞納問題から持続可能なマンション管理を考える」日本マンション学会誌 (36) 2010
  • 「救急医療従事者が知っておくべき法律の基礎知識」Emergency care 23(9) (通号 293) 2010
  • 「インフォームド・コンセントをめぐる法律問題」Emergency care 23(9) (通号 293) 2010

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
安井信久
愛知県弁護士会会長
2014年 - 2015年
次代:
川上明彦
先代:
山崎正美
中部弁護士会連合会理事長
2015年 - 2016年
次代:
室木徹亮