青田石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
花乳石から転送)
移動先: 案内検索

青田石(せいでんせき)は、篆刻印材。主成分は葉ろう石。「燈光凍」、「魚脳凍」と名づけられる上質なものから、練習用と評される「図書石」まで様々あるものの総称[1]中国浙江省青田県[2]王冕が発見した花乳石(かにゅうせき)がこれにあたるとされる[誰によって?]。青田県季井嶺の図書洞から産出する[3]。篆刻では初心者向けの石とされ、安価である[4]。色は淡緑灰色[2]、淡い青色[3]、薄い緑[4]などと表現される。

青田駅の駅前には入場料無料の青田石彫博物館があり、素材や彫刻作品が展示されている[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 青田石いろいろ”. 篆刻屋. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ a b 神保小虎 「印材の石に關する參考書」、『地質學雜誌』 (日本地質学会)178-182頁、1905年ISSN 00167630http://ci.nii.ac.jp/naid/110003014038/ 
  3. ^ a b 青田石”. 篆刻屋. 2014年7月19日閲覧。
  4. ^ a b 清水啓二; 片野孝志 『印鑑入門』 保育社カラーブックス〉、1991年、98頁http://books.google.co.jp/books?id=1fPqASg8vfQC 
  5. ^ 松尾大輔 「中国留学一年間を振り返って」、『大東書学 : 大東文化大学書道学会誌』 (大東文化大学)38-50頁、2008年ISSN 13463187http://ci.nii.ac.jp/naid/110007125087/