芦田太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あしだ たろう
芦田太郎
生誕 (1985-07-26) 1985年7月26日(37歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
出身校早稲田大学政治経済学部経済学科
職業演出家プロデューサー
活動期間2008年 - 現在
団体テレビ朝日総合編成局第1制作部(バラエティ番組制作)
著名な実績【企画・総合演出・P】
あいつ今何してる?
あざとくて何が悪いの?
トゲアリトゲナシトゲトゲ
まだアプデしてないの?
芦田宏直(父/哲学者
公式サイト芦田太郎 (@taroashida) - Twitter
芦田太郎 (@taroashida) - Instagram
芦田太郎 (@taro.ashida) - Facebook

芦田 太郎(あしだ たろう、1985年7月26日 - )は、演出家プロデューサーテレビ朝日総合編成局第1制作部(バラエティ番組制作)所属。『あいつ今何してる?』『あざとくて何が悪いの?』『トゲアリトゲナシトゲトゲ』『まだアプデしてないの?』(ともに企画・総合演出・P)を手掛ける。東京都世田谷区出身、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。父親は哲学者の芦田宏直

経歴[編集]

幼少期・学生時代[編集]

東京都世田谷区生まれ。父親は哲学者の芦田宏直[1][2]

世田谷区立塚戸小学校世田谷区立千歳中学校東京都立戸山高等学校早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業[2]

幼少期から責任感が強く、学級委員長や生徒会長を務めた[3]。中学校の卒業式では、教師には秘密でプログラムにない曲を学年全員で歌うなどドッキリやサプライズを仕掛けることが好きだったという。 高校ではサッカー部キャプテン、大学ではサークル日本一を目指す稲穂キッカーズで副キャプテンを務め、2007年にはサークル日本一に。 特に『ダウンタウンのごっつええ感じ』『めちゃ×2イケてるッ!』から大きな影響を受けた[4]

就職活動ではテレビ朝日以外に三井物産、電通、博報堂から内定を獲得。[5]進路に迷うが、当時『ロンドンハーツ』でCPをやっていた板橋順二から「芦田、テレビと代理店と商社の大きな違いは分かるか?代理店と商社は1から100、1から1億という付加価値を付ける業界だけど、テレビはゼロからイチを作るんだ。お前はどっちがいい? ゼロに何かけてもゼロだけど、俺らはそのゼロを1にできるんだぞ」という言葉に感銘を受ける。最終的に迷った末に「ゼロからイチ」を楽しみながら達成できるのはテレビしかないと思い、進路を決めた[2]。その過程を克明に描いた「芦田太郎のブログ」は、その後多くの就活生に影響を与えた。

テレビ朝日時代[編集]

2008年平成20年)テレビ朝日入社。総合編成局1制作1部(現在は第1制作部)に配属。寺田伸也班として、爆笑問題の『雑学王』と『検索ちゃん』のアシスタントディレクター(AD)を担当。[2]

2010年(平成22年)初めての自分の企画『キャラブレイク』の企画書が通り、特番のP・演出を経験する。 この番組はアンタッチャブルの山崎、おぎやはぎ小木、ビビる大木が芸能界でキャラに悩む芸能人の相談者をイジりながら新キャラを発掘するというバラエティ番組。 進行は芦田の同期である竹内由恵アナウンサーが務めた。

2011年(平成23年)『関ジャニの仕分け∞』、奥川晃弘(現在第2制作部の部長)が率いる奥川班に異動。 『関ジャニの仕分け∞』のチーフADを1年半経験する。[2]

同番組ではディレクターとして人気企画となった柔軟女王決定戦を担当し、この企画で知名度を上げたSKE48須田亜香里を見出す。 さらに横山裕大倉忠義が高卒認定試験に挑んだ「高卒認定試験合格出来るか仕分け」などを担当。[6] 『関ジャニの仕分け∞』番組終了とともに『関ジャム 完全燃SHOW』の立ち上げに携わる。

2015年(平成27年7月には自身が企画する番組『あいつ今何してる?』が「お願い!ランキング」枠で放送される。 「卒業以来会っていない同級生は今、一体何をしているのか?」を番組が調査するドキュメントバラエティ。 企画の着想は、芦田自身が高校のサッカー部の結婚式に行った際に、ある友人の消息がつかめず、「あいつ今何してる?」と周囲の友人と話が盛り上がったこと。 帰宅後、「誰もが一人はいるはずの気になるあいつ」を代わりにテレビが探してくれたら喜ぶ人はたくさんいるのでは?と企画書を書いたという。

2015年(平成27年)10月から土曜0:45 - 1:15の枠でレギュラー放送がスタートする。[2]。 その後、レギュラー放送からわずか半年の2016年(平成28年)4月からゴールデンタイムの水曜夜7時枠でレギュラー放送開始。

2019年令和元年) 自身の企画番組『あざとくて何が悪いの?』がスタート。 3回のトライアル特番を経て2020年(令和2年)土曜夜9時55分枠でレギュラー放送開始。 日本国内では毎週のようにTwitterでトレンド入り、韓国中国台湾をはじめとするアジアの13の国と地域でも番組配信。 これは日本のバラエティ史上初めてのことである。[7] 中国の動画配信サイト「bili bili(ビリビリ)」での総再生数は1億回を超える。[8]

これまでネガティブなワードとして認識されていた「あざとい」の解釈をポジティブに書き換え、その象徴として田中みな実弘中綾香をキャスティング。 「あざとい=処世術」という解釈がバズり、さまざまな女性誌やファッション誌で「あざとい」がキーワードに取り上げられる。[9]

現在は『あざとくて何が悪いの?』『トゲアリトゲナシトゲトゲ』『まだアプデしてないの?』の演出、プロデューサーを担当する。 その他にAマッソYouTubeチャンネルも監修として参加している。

人物[編集]

制作逸話[編集]

  • 番組タイトルは、1行で内容を伝えられるわかりやすさとインパクトを重視する[10]
  • 週刊文春の取材で日本テレビバラエティー番組を牽引してきた五味一男が「いま、注目してる番組は?」と聞いたところ、『あいつ今何してる?』と即答。「本当によくできた、ありそうでなかった番組だ」とべた褒めした[2]
  • 志村けんが『あいつ今何してる?』のゲストに来たとき「ゲストと同級生が直接会わない。スタジオでVTRを見る。どの同級生が登場するかもゲストには教えない。スタジオのセットが映画館みたいになっている、そういうシステム良いよね」と芦田の演出を褒めてくれたことに非常に感動したという。[2]
  • 『あいつ今何してる?』をみた加地倫三から、「お前の相槌が早すぎて驚いた。普通だったら編集点考えて間をあけるけど、逆にあれが芸能人のテンションと会話のテンポを上げてるから良いのかもね」と褒められた。芦田は、会話のテンポ、テンションをできるだけ上げた状態で話してほしくて意図的にやっているとインタビューで答える。その狙いとして、気になる同級生の思い出話をするテンションとか、興奮のバロメーターがリアルに上がっていかないと、見ている視聴者の方は「ただの思い出話」を聞いていられないと思う。だから楽しいエピソードを楽しそうに話している姿を最大限引き出すための手法だという。[2]
  • 芦田と多くの番組を手がける放送作家のそーたには『あいつ今何してる?』(テレ朝)の芦田(太郎)くんと仕事してると、すごく効率がいいなぁと思いますね。芦田くんはまだ30代前半なんですけど、相談事は会議を待たずにすぐグループLINEで来るので、会議は異常に短い。それにVTRが1本上がるたびに「チェックお願いします」とすぐにデータで送られてくるので、みんなで会議室に集まってVTRをプレビューすることもない。あと、テレビマンってだいたいギリギリまで粘って作る、いわゆる“ケツ合わせ”の人の方が多いんですけど、芦田くんって超前倒しなんですよ。たぶん、企画書を来週までに出せって言われても、翌日には出してるんじゃないかっていうくらいの感じ。それが一緒に仕事してていいなぁと思って、自分も見習って何事も前倒しにしてみたら、この方が自分には合ってるなと気がついたんです。まさかこの年(54歳)になって、30代の若者から仕事の仕方の影響を受けるなんて思わなかったですけど(笑)」と答えた。[11]

担当番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長男・太郎(家族を代表して)・祝スピーチ_2013年8月7日
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『あいつ今何してる?』テレビ朝日・芦田太郎プロデューサーに聞く
  3. ^ 【仕事の裏側】テレビ朝日 演出・プロデューサー芦田太郎さん「見てよかった、出てよかったといわれる番組を作りたい」
  4. ^ 芦田 太郎 - テレビ朝日 新卒採用サイト
  5. ^ 芦田太郎のブログ「就職活動の終わりと始まり」(vol.1)
  6. ^ 芦田太郎note「関ジャニ∞と高卒認定企画と。」
  7. ^ 中国での総再生数9300万回超 『あざとくて何が悪いの?』はなぜ人気?
  8. ^ 【YAHOO!ニュース】中国での総再生数9300万回超 『あざとくて何が悪いの?』はなぜ人気?
  9. ^ 【マイナビニュース】『あざとくて何が悪いの?』が示す新しい番組評価の形 芦田太郎Pが意識する“熱狂を生む要素”
  10. ^ テレビ朝日人気プロデューサー・芦田太郎が語る
  11. ^ 【マイナビニュース】放送作家・そーたに氏が語るバラエティの危機感「ギリギリもやらなきゃ」
  12. ^ a b テレビ紹介情報「芦田太郎」
  13. ^ ネクストブレーク芸人を探せ!テレビ局の垣根を超えたリアル賞レース
  14. ^ 「噂の人物」による深夜の台本なしガチトーク番組~丸山桂里奈×テレビ朝日・芦田太郎
  15. ^ (日本語) 【テレ朝芦田さん】22.04.22 ラランド・サーヤの虎視舌舌『あなたの周りのあざとい奴!』【YouTube限定アフタートークあり】, https://www.youtube.com/watch?v=k-tkdt9I_ek 2022年4月23日閲覧。 
  16. ^ AERA(アエラ) 2016年11/28号 (発売日2016年11月21日)
  17. ^ 赤楚衛二&町田啓太が表紙の『ダ・ヴィンチ』2022年5月号【目次】

関連項目[編集]

外部リンク[編集]