芦名定道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芦名 定道(あしな さだみち、1956年7月24日 - )は、日本キリスト教学者、京都大学大学院文学研究科教授。

経歴[編集]

人物[編集]

著書[編集]

  • 『宗教学のエッセンス 宗教・呪術・科学』(北樹出版 1993年)
  • 『ティリッヒと現代宗教論』(北樹出版 1994年)
  • 『ティリッヒと弁証神学の挑戦』(創文社 1995年)
  • 『自然神学再考 近代世界とキリスト教』(晃洋書房 2007年)
  • 『近代日本とキリスト教思想の可能性 二つの地平が交わるところにて』(三恵社 2016年)

共編著[編集]

  • 『現代を生きるキリスト教 もうひとつの道から』(土井健司辻学共著 教文館 2000年)
  • 『キリスト教と現代 終末思想の歴史的展開』(小原克博共著 世界思想社 2001年)
  • 『比較宗教学への招待 東アジアの視点から』(晃洋書房 2006年)
  • 『多元的世界における寛容と公共性 東アジアの視点から』(晃洋書房 2007年)

翻訳[編集]

出典[編集]

  1. ^ プロフィール”. 2014年3月28日閲覧。
  2. ^ 賛同者署名リスト安全保障関連法に反対する学者の会
  3. ^ 賛同者の声自由と平和のための京大有志の会
  4. ^ 除外された加藤陽子氏「首相官邸、学問の自由軽んじた」”. 朝日新聞 (2020年10月2日). 2020年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]