芦原英智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芦原 英智(あしはら ひでとも、1983年11月28日 - )は、福岡県出身のプロ野球審判員(関西勤務)。袖番号は47

来歴・人物[編集]

高稜高等学校から和歌山大学を卒業後にBCリーグで審判を務め、2009年に同じくBCリーグ出身の長井功一と共にパシフィック・リーグ審判員となる[1]。BCリーグ出身の審判員が日本野球機構に採用されたのは長井と芦原が初である。

2018年には同期入局の山口義治と共にオールスター初出場を果たし、第1戦(7月13日、京セラドーム大阪)で球審を務めた[2]

審判出場記録[編集]

  • 初出場:2010年9月28日オリックス日本ハム24回戦(京セラドーム)、三塁塁審。
  • 出場試合数:248試合
  • オールスター出場:1回 (2018年=第1戦で球審)
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ BCLより2名の審判員がパ・リーグ審判員に採用! - ベースボール・チャレンジ・リーグ公式サイト
  2. ^ 試合速報(オールスターゲーム第1戦) - 日本野球機構オフィシャルサイト(2018年7月14日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]