芥隠承琥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芥隠承琥(かいいんしょうこ、? - 1495年6月8日明応4年5月16日[1])は、室町時代日本禅僧琉球王国に初めて臨済宗を伝えた。

概要[編集]

初めは京都南禅寺の僧で、1450年宝徳2年)、琉球へ赴き臨済宗を伝える[1]。第一尚氏・第二尚氏の両王統にまたがり、4人の王(尚泰久・尚徳王尚円王尚真王)に仕えた。

尚泰久王は深く芥隠に帰依し、広厳寺・普門寺・天龍寺・祟元寺など多くの仏寺を建立するとともに、梵鐘を多く鋳造させ朝夕撞かせるほどであったが、その多くの銘文は芥隠によるものである[注釈 1]

また、第二尚氏王統第3代の尚真王も深く帰依し、芥隠を開山として1492年菩提寺として首里円覚寺を建立した[注釈 2]

芥隠は単に仏僧として活動するだけでなく、永く琉球に留まって王府顧問として日琉の貿易外交にも従事し、そうした外交僧の代表的存在であった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、万国津梁の鐘の銘文は渓隠安潜によるものである。
  2. ^ 同寺は鎌倉円覚寺を模した琉球随一の巨刹であったが、沖縄戦で焼失した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 円覚寺 (えんかくじ) - 『琉球新報
  3. ^ 新城俊昭『琉球・沖縄史』東洋企画

関連項目[編集]

外部リンク[編集]