芥川仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芥川 仁(あくたがわ じん、1947年- )は日本の写真家1992年に写真集「輝く闇」で宮日出版文化賞を受賞。日本写真家ユニオン設立発起人。日本写真家協会会員。

経歴[編集]

1947年愛媛県今治市に生まれる[1]1966年宮崎県立宮崎南高等学校卒業。1970年法政大学第二社会学部卒業[2]して以降、フリーランス写真家として活動[1]伊豆大島に5年間、水俣市で2年間を過ごす[3][4]1980年から宮崎市在住。1992年に写真集「輝く闇」で宮日出版文化賞を受賞[1]2001年日本写真家ユニオンの設立発起人となり、同ユニオンの立ち上げに関わる。2012年、株式会社芥川仁を設立した[1]

主な写真展[編集]

  • 「6・3制夜間中学の顔」(1972年/銀座ニコンサロン)
  • 「水俣・厳存する風景」(1980年/銀座ニコンサロン)
  • 「土呂久鉱毒追想」(1985年/銀座ニコンサロン)
  • 「植物の記憶」(1987年/宮崎山形屋特設ギャラリー)
  • 「輝く闇」(1992年/福岡市美術館特B)
  • 「屹立する神々」(1995年/由布院空想の森美術館・フォト館)
  • 「四十六億年の囁き」(1998年/宮崎ギャラリーサイト)

主な著書[編集]

  • 『水俣・厳存する風景』(1980年/水俣病センター相思社)
  • 『土呂久・小さき天にいだかれた人々』(1983年/葦書房)
  • 『輝く闇』(1991年/葦書房)
  • 『水俣海の樹』藤本寿子共著 (1992年/海鳥社)
  • 『銀鏡の宇宙』(1995年/海鳥社)
  • 『リトルヘブン 鏡野物語』(2001年)
  • 『津村重光の本—ある団塊世代半世紀の軌跡』津村重光、黒岩比佐子共著 (2002年)
  • 『春になりては…椎葉物語』(2003年)
  • 『呼吸する原っぱ』森永都子共著 (2004年)
  • 『水俣を見た7人の写真家たち—写真集』桑原史成、塩田武史、宮本成美、W.ユージン・スミス他との共著 (2007年)
  • 『病院—フォトエッセイ』(2008年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]