芝生瑞和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

芝生瑞和(しぼう みつかず、1945年8月15日 - 2005年3月3日)は、国際ジャーナリスト東京都生まれ。(母方の祖父は荒木貞夫元陸軍大将、父方の祖父は芝生佐市郎元陸軍中将)学習院初等科、中等科、高等科を経て、1970年米国アマースト大学卒。71年ソルボンヌ大学卒。東海大学神戸市外国語大学日本女子大学講師。96-98年ハーバード大学ロースクール客員研究員。2000年米国ニューポート・アジア・パシフィック大学より名誉博士号

NGO活動にも尽力し、ポーランド連帯、パレスチナ、ニカラグア支援等に関わる。

1981年、パレスチナ解放機構アラファート議長来日時にはアテンド、通訳も務める。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • メアリー・カルドー『兵器と文明 そのバロック的現在の退廃』柴田郁子共訳.技術と人間、1986

参考[編集]