色金山歴史公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

色金山歴史公園(いろがねやまれきしこうえん)は愛知県長久手市岩作色金にある公園。国の史跡に指定されている(史跡「長久手古戦場」の一部)[1]

展望台と長久手市街
家康が腰を掛けたとされる床机石
色金山歴史公園から見下ろす御旗山

小牧・長久手の戦いの際、徳川家康が山頂に陣取ったという言い伝えが残る。また山頂には家康の腰掛石になったとされる大岩があり、床机石といわれている[2]

展望台茶室が整備され[2]、憩いの場となっている。

公園内[編集]

周辺項目[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県長久手市岩作色金37-1

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 藤が丘駅より「菱野団地」「瀬戸駅前」(岩作経由)行に乗車。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長久手古戦場  附 御旗山  首塚  色金山”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2016年5月17日閲覧。
  2. ^ a b 公園・名所案内”. 長久手市. 2016年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]