色道四十八手 たからぶね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
色道四十八手 たからぶね
監督 井川耕一郎
脚本 井川耕一郎
原案 渡辺護
製作 林田義行
太田耕耘キ
出演者 愛田奈々
岡田智宏
なかみつせいじ
佐々木麻由子
主題歌 結城リナ「尺八弁天地獄唄」
撮影 清水正二
編集 酒井正次
製作会社 PGぴんくりんく
配給 PGぴんくりんく
公開 2014年10月4日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

色道四十八手 たからぶね』(しきどうしじゅうはって たからぶね)は、井川耕一郎監督・脚本による2014年の日本のピンク映画

概要[編集]

本作は、ピンク映画50周年記念作品として企画された[1]。監督をつとめる予定だった渡辺護が製作準備中の2013年に死去したため、脚本を執筆した井川耕一郎が監督することになった[2]。35mmフィルムで撮影され、音声はアフレコで吹き込まれた[3]

第15回ニッポン・コネクション ニッポン・ヴィジョンズ審査員特別賞受賞。CAMERA JAPAN FESTIVAL 2015、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016出品作。

春画“四十八手”のひとつ“宝船”をモチーフとしている[4]

あらすじ[編集]

一夫(岡田智宏)は、妻の千春(愛田奈々)が叔父の健次(なかみつせいじ)と不倫していることを知る。衝撃を受けた一夫は、叔母の敏子(佐々木麻由子)にそそのかされ、2人への仕返しを企てることになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本 ‐ 井川耕一郎[5]
  • 企画・原案 ‐ 渡辺護[5]
  • プロデューサー ‐ 太田耕耘キ、林田義行[5]
  • 撮影・照明 ‐ 清水正二[5]
  • 主題歌 ‐ 結城リナ[5]
  • 特殊造形 ‐ 新谷尚之
  • 編集 ‐ 酒井正次
  • 録音 ‐ シネキャビン
  • 助監督 ‐ 佐藤吏
  • 題字 ‐ 日野繭子[5]
  • 製作・配給…PGぴんくりんく

脚注[編集]

  1. ^ 長野辰次 (2014年10月2日). “世界は「使われなかった性技」であふれている! ピンク映画50周年記念『色道四十八手 たからぶね』 (2/3)”. 日刊サイゾー. 2014年10月8日閲覧。
  2. ^ 長野辰次 (2014年10月2日). “世界は「使われなかった性技」であふれている! ピンク映画50周年記念『色道四十八手 たからぶね』 (1/3)”. 日刊サイゾー. 2014年10月8日閲覧。
  3. ^ 長野辰次 (2014年10月2日). “世界は「使われなかった性技」であふれている! ピンク映画50周年記念『色道四十八手 たからぶね』 (3/3)”. 日刊サイゾー. 2014年10月8日閲覧。
  4. ^ この格好は宝船?春画を模した強烈な全裸シーンを披露 - 映画 Movie Walker” (日本語). Movie Walker. 2019年6月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 色道四十八手 たからぶね”. pg-pinkfilm.com (2014年10月4日). 2019年6月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 後河大貴「新作インタビュー 井川耕一郎 林田義行 『色道四十八手 たからぶね』」『月刊シナリオ』、シナリオ作家協会、2014年11月、 116-122頁。

外部リンク[編集]