色即是空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

色即是空(しきそくぜくう)とは、『般若心経』等[注釈 1]にある言葉で、仏教の根本教理といわれる。「」は、宇宙に存在するすべての形ある物質現象を意味し、「」は、恒常な実体がないという意味。空即是色と対をなす。「色即是空」の区切りは「色、即是、空」とされる。 [1][2]

概要[編集]

この世のすべてのものは恒常な実体はなく縁起によって存在する、という仏教の基本的な教義

出典の一つ『般若心経

「色」は、サンスクリット語ではルーパで、目に見えるもの、形づくられたものという意味で、それらは実体として存在せずに時々刻々と変化しているものであり、不変なる実体はなく、すなわち「空」である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 般若心経だけでなく、さらに古層に属する般若経維摩経大般涅槃経などに頻出するが、人口に膾炙しているという点で『般若心経』が挙げられることが多い。

出典[編集]

  1. ^ goo辞書 - しき-そくぜ-くう【色即是空】。この辞書では出典を『般若心経』としている。
  2. ^ 故事ことわざ辞典 - 色即是空、空即是色。この辞典も同様、『般若心経』を出典としている。

関連項目[編集]