良川剛浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
良川 剛浩
新日鐵住金かずさマジック #21
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1986-09-20) 1986年9月20日(31歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

良川 剛浩(よしかわ たけひろ、1986年9月20日 - )は、社会人野球の選手(投手)である。現在は、新日鐵住金かずさマジックに所属。

人物・来歴[編集]

大阪府出身。生野ロイヤルズで野球を始める。中学時代はヤングリーグ生野BBCに所属。

大阪市立桜宮高等学校卒業後、大阪体育大学に進んで同校野球部に入部するも、2年時に退部。

2007年から、NOMOベースボールクラブに入部。学業と練習を両立させながらプレーを続け、宇高直志と共にチームの2枚看板となった。

2008年、第63回JABA東京スポニチ大会の対日産自動車戦では、野上亮磨との投げ合いを制してチームに同大会初勝利をもたらし、プロのスカウトから注目を集める存在となった。同年の夏には、NTT西日本の補強選手として第79回都市対抗野球にも出場している(登板機会はなし)。

大学を卒業した2009年からは、かずさマジックに移籍してプレーしている。

MAX140km/hのストレートとキレのあるスライダー、そしてNOMOクラブ在籍時に前川勝彦から習得したカットボールを武器としている。