船引き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
20世紀初頭のヴォルガ川船引き

船引き(ふなひき、ロシア語: Бурлак英語: Burlak)とは、川を下った船やはしけを上流へ戻すために、陸地から綱などで引いて歩くこと、または引く人たちのこと。ロシアではヴォルガ川を遡る時に大規模に行われた。中国でも長江嘉陵江などで行われ、また日本でも急流を遡る時などに行われた。 [1]

ロシア[編集]

ロシアではヴォルガ川が古くから交通の要であり、機動船が大勢を占めるまでは、船引きがよく利用された。

ヴォルガの船引き歌[編集]

1902 record by Feodor Chaliapin(フョードル・シャリアピンの1902年レコード)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ヴォルガ川の船引きを歌った歌には民謡ヴォルガの船引き歌」(Дубинушка)、別名「ヴォルガの舟唄」があり、これは五人組ミリイ・バラキレフ採譜して、1866年に彼の民謡集で発表したものである。「エイ・ウーフ・ニェム」で始まる歌詞の全部と英語訳は英語版にある。音域がベースの基調で歌われる場合が多く、日本でも古くはフョードル・シャリアピンポール・ロブスンの歌、近くはダーク・ダックスなどの歌でおなじみである。歌詞の日本語訳は堀内敬三門馬直衛などのものがある。 [2]

ヴォルガの船引き画[編集]

『ヴォルガの船引き』(イリヤ・レーピン画、1870年 - 1873年、ロシア美術館

何人かの画家がヴォルガ川の船引きについて描いているが、イリヤ・レーピンが描いた『ヴォルガの船引き』(1870年 - 1873年、サンクトペテルブルク国立ロシア美術館所蔵)が特に有名である。レーピンが国内旅行で見た民衆の苦労と誇りが如実に現れていて、サンクトペテルブルクの官製美術界に対抗した「移動派」の代表作のひとつと言われる。発表されるとすぐにウラジーミル・アレクサンドロヴィチ大公に買われてヨーロッパ中で展示されて有名になり、レーピンが画家として世に出る契機となった。

中国[編集]

中国では長江嘉陵江などで、かつて船引きが行われていた。最近は「長江三峡船引き人夫文化祭」(湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州巴東県)など観光化した行事も行われている。 [3] [4]

日本[編集]

日本でも舟運が盛んだった長良川などで、船を引っ張る人が活躍する場所があった。 [5]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 船引き(コトバンク)
  2. ^ ヴォルガの船引歌(曲が自動的に演奏されるので注意!)
  3. ^ 長江三峡船引き人夫文化祭が開幕 観光客が船引きを体験
  4. ^ 中国重慶市で投資商談会 「女性船引き」のパフォーマンス
  5. ^ 近代の長良川舟運(明治・大正・昭和)

外部リンク[編集]