船崎恵視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
船崎 恵視
Megumi Funasaki
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-08-14) 1977年8月14日(39歳)
出身地 宮崎県宮崎市
ラテン文字 Megumi Funasaki
身長 164cm
体重 53kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ラン
ポジション S
指高 209cm
利き手
スパイク 283cm
ブロック 273cm
テンプレートを表示

船崎 恵視(ふなさき めぐみ、1977年8月14日 - )は、日本の女子バレーボール元選手、現指導者。ニックネームはラン

来歴[編集]

宮崎県宮崎市出身。友人に誘われて小学5年よりバレーボールを始める。走ることが大好きだったので、中学では陸上部を選択したが、バレーボールへの思いが強くなり、少しでも役立つとの思いからハイジャンプの練習に集中した。高校は県内バレー強豪校の宮崎日大高校へ進学する。セッターとして出場した1年生大会で優勝し、3年次にも宮崎代表となった。

香蘭女子短期大学卒業後、V1リーグの武田薬品に入部したが、3年後に廃部。JTマーヴェラスを経て茂原アルカスに入部するも後に廃部となり、2006年、Vプレミアリーグに昇格したばかりのトヨタ車体クインシーズに入部した。

安定したトス回しと効果率Vリーグ歴代3位のサーブが持ち味で、チームの成績向上に貢献。2008年12月の平成20年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会では優勝に大きく貢献した。

2011年6月、トヨタ車体を退団し、同年11月にPFUブルーキャッツに移籍した[1]

2013年5月、PFUを退団[2]。2014年から白鴎大学バレーボール部の監督を務める

エピソード[編集]

船崎の座右の銘は「継続は力なり」。この言葉を胸に、幾多の挫折や休部の波を乗り越えてきたといえる。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴[3]
賀茂小(賀茂クリスタル) → 赤江中宮崎日大高校香蘭女子短大 → 武田薬品 → JTマーヴェラス茂原アルカストヨタ車体(2006 - 2011年)→ PFUブルーキャッツ(2011 - 2013年 )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新加入選手のご紹介 - ウェイバックマシン(2011年12月6日アーカイブ分) - PFUブルーキャッツ公式サイト
  2. ^ PFUブルーキャッツ. “引退選手のお知らせ”. 2013-05/31閲覧。
  3. ^ 月刊バレーボール 2012年12月号臨時増刊 V.LEAGUEチームの顔 127ページ

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 2010年3月号 25ページ
  • 2015年度秋季関東大学バレーボールリーグ戦 公式プログラム 118ページ

外部リンク[編集]