航空機生産大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 イギリス
航空機生産大臣
Minister of Aircraft Production
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
担当官庁 航空機生産省
任命者 首相
初代 ビーヴァーブルック卿
創設 1940年5月14日
廃止 1946年4月1日
テンプレートを表示

航空機生産大臣(こうくうきせいさんだいじん、英語: Minister of Aircraft Production)は、イギリス政府により第二次世界大戦中に設立された内閣の役職である。航空機生産省のトップを担い、名前の通りイギリスの航空機、特にイギリス空軍やその中の艦隊航空隊などで使用される航空機の生産事業関連を担当した。

概要[編集]

ドイツ空軍とイギリス空軍とのバトル・オブ・ブリテンに伴い発生した航空機不足を補うため、時のイギリス首相ウィンストン・チャーチル1940年、自身が首相を務めた第1次チャーチル内閣とともに設立した[1]。初代航空機生産大臣であるビーヴァーブルック卿は就任後すぐに航空機生産を統括し、生産拡大・増加を成功させた。

廃止[編集]

航空機生産省は長続きしなかった。第二次世界大戦終結とともに役目が減っていき、1945年8月からは航空機生産大臣と軍需大臣を兼ねるようになった。

1946年4月1日軍需省に吸収され、同時に航空機生産大臣も廃止となった。

歴代大臣[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Aircraft Production, Ministry of" in Chambers's Encyclopædia. London: George Newnes, 1961, Vol. 1, p. 183.

参考文献[編集]

  • Ponting, Clive (1990). 1940: myth and reality. Hamish Hamilton Ltd. ISBN 978-0-241-12668-4. 

外部リンク[編集]