舟入南町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
舟入南町駅から転送)
移動先: 案内検索
舟入南町停留場
土橋方面行きホーム(2007年)
土橋方面行きホーム(2007年)
ふないりみなみまち
Funairi-minami-machi
E4 舟入川口町 (0.6km)
(0.4km) 江波 E6
所在地 広島市中区舟入南四丁目・五丁目
駅番号 E5
所属事業者 広島電鉄
所属路線 江波線
キロ程 2.3km(土橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1944年(昭和19年)6月20日
テンプレートを表示
江波方面行きホーム(2007年)

舟入南町停留場(ふないりみなみまちていりゅうじょう、舟入南町電停)は、広島市中区舟入南四丁目・五丁目にある広島電鉄江波線路面電車停留場である。

歴史[編集]

1943年(昭和18年)12月に土橋から舟入本町までの区間が開通した江波線は、その半年後の1944年(昭和19年)6月に舟入本町から延伸[1]、舟入南町停留場はこのとき路線の終点として開業した[2]。しかしその翌年の1945年(昭和20年)8月6日には広島市に原爆が投下され、江波線をはじめとして広島電鉄の市内電車は全線が不通となる[3]

江波線が被爆から復旧したのは1947年(昭和22年)11月のことで[3]、このとき停留場名は江波口停留場(えばぐちていりゅうじょう)へと改称された[2]。路線はその後1954年(昭和29年)には当停留場から延長され、新たに江波口停留場(現在の江波停留場)が開業、このころ当停留場はグランド口停留場(ぐらんどぐちていりゅうじょう)へと改称された[2][3]。この「グランド」は西区観音新町にある広島県総合グランドを指す。その後1960年(昭和35年)ころには舟入南町へと改称され[2]、開業時の停留場名に戻っている。

  • 1944年(昭和19年)6月20日 - 江波線が舟入本町から延伸、舟入南町停留場が開業[3]
  • 1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆投下により、市内電車は全線不通となる[3]
  • 1947年(昭和22年)11月1日 - 江波線が運転再開、江波口停留場に改称[3]
  • 1954年(昭和29年)1月[4] - 軌道が延長され、新たに江波口停留場が開業[2][3]。このころ、代わってグランド口停留場に改称[3]
  • 1960年(昭和35年)頃 - 舟入南町停留場に再改称[3]
  • 2002年(平成14年) - 舟入南6丁目交差点の改修工事に伴い、上りホームが広島市道霞庚午線北側に移設、下りホームは拡張され上屋が設置された。
  • 2013年(平成25年)2月15日 - 9号線の運行が八丁堀から江波まで延長され、当停留場にも乗り入れる。
  • 2014年(平成26年)2月 - 舟入南6丁目交差点 - 広電江波終点前交差点間の道路拡幅工事に伴い、下りホームがリニューアル。ホームが拡張され、上屋がホーム全体に延長された。

構造[編集]

江波線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは低床式[5]で2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟んで配置されている[6]。ただし互いのホームは斜向かいに位置していて、北に土橋方面へ向かう上りホームが、南に江波方面へ向かう下りホームがある[6]。かつては両ホームが線路を挟んで向かい合う相対式ホームであった[5]

両ホームともに、連接車両に対応した長さを持つ。

運行系統[編集]

当停留場には広島電鉄で運行されている系統のうち、6号線、8号線、9号線が乗り入れている。

上りホーム 6号線 広島駅ゆき
8号線 横川駅ゆき
9号線 白島ゆき
下りホーム 6号線8号線9号線 江波ゆき

周辺[編集]

停留場名になっている「舟入南町」という町名は1968年(昭和43年)に廃止されていて、現在は「舟入南」となっている[7]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
江波線
舟入川口町停留場 (E4) - 舟入南町停留場 (E5) - 江波停留場 (E6)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『広電が走る街 今昔』113-114頁
  2. ^ a b c d e 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、38頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ a b c d e f g h i 『広電が走る街 今昔』150-157頁
  4. ^ 『広電が走る街 今昔』、『日本鉄道旅行地図帳』では1月8日とするが、『広島電鉄開業100年・創業70年史』433頁では1月7日。
  5. ^ a b 川島令三全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103・108頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  6. ^ a b 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、15・84頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  7. ^ 廃止町名と現在の町の区域”. 広島市. 2016年9月29日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]