舞田敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舞田 敏彦(まいた としひこ、1976年 - )は、元・教育学者(博士(教育学)[1]。2015年まで半期1コマのみ武蔵野大学非常勤講師[1]を勤めていた。現在はどこの大学にも所属しておらず、また、査読付き論文も2009年を最後に執筆していない。現在は、ライターとして一部ウェブ媒体で執筆している。

略歴[編集]

1976年生まれ。鹿児島大学大学院修士課程を経て、東京学芸大学連合大学院博士後期課程に進学。陣内靖彦に師事。2005年に『高等教育就学機会の地域間格差に関する実証的研究』にて博士(教育学)。

著作リスト[編集]

  • 『47都道府県の子どもたち - あなたの県の子どもを診断する 』(武蔵野大学出版会、2008年)
  • 『47都道府県の青年たち - わが県の明日を担う青年のすがた』(武蔵野大学出版会、2010年)
  • 『教育の使命と実態 - データからみた教育社会学試論』(武蔵野大学出版会、2013年)

博士論文[編集]

論文・記事等[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『47都道府県の青年たち - わが県の明日を担う青年のすがた』(武蔵野大学出版会、2010年)

外部リンク[編集]