舞子ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
舞子ホテル

Maiko hotel01s3200.jpg

ホテル概要
正式名称 舞子ホテル
運営 株式会社舞子ホテル
所有者 日下部汽船迎賓館兼日下部久太郎別邸
開業 1942年(昭和17年)
最寄駅 舞子公園駅
所在地 〒655-0046
兵庫県神戸市垂水区舞子台二丁目5番41号
位置 北緯34度38分6.5秒 東経135度2分2.1秒 / 北緯34.635139度 東経135.033917度 / 34.635139; 135.033917座標: 北緯34度38分6.5秒 東経135度2分2.1秒 / 北緯34.635139度 東経135.033917度 / 34.635139; 135.033917
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社舞子ホテル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
653-0843
兵庫県神戸市長田区御屋敷通三丁目1番1号
業種 サービス業
法人番号 8140001018805
事業内容 ホテル運営
代表者 永山敏行(代表清算人)
資本金 2000万円
純利益 ▲5,233万3,000円(2020年01月31日時点)[1]
総資産 665万2000円(2020年01月31日時点)[1]
決算期 1月31日
外部リンク https://maiko-hotel.co.jp/
テンプレートを表示
洋館の玄関

舞子ホテル(まいこホテル)は、兵庫県神戸市垂水区にある山陽電気鉄道グループのホテル。その運営企業(株式会社舞子ホテル)。

概要[編集]

1919年(大正8年)に日下部汽船迎賓館兼日下部久太郎別邸として舞子海岸を見下ろす高台に洋館茶室・大広間棟・奥座敷の施設群が建設された。そこに旅館棟と楼閣を増設して、1942年(昭和17年)に舞子ホテルとして開業。 施設群は、日本庭園を囲むようにコの字型に配置されて渡り廊下で結ばれている。

戦後、GHQに接収されてアメリカ軍将校用宿舎として使用される・阪神・淡路大震災で洋館の煙突が折れ大広間棟の屋根瓦が全損する、などの危機を乗り越え現在まで開業当時の構成を維持している。

2019年令和元年)12月30日より、改装のため休業している[2]2022年3月7日、親会社の山陽電気鉄道から土地建物ともに売却されることが発表された[3]

施設[編集]

  • 洋館 - 1919年(大正8年)竣工、煉瓦造・化粧煉瓦貼り。
地下1階・地上3階建、兵庫住宅百選、神戸建築百選ひょうごの近代住宅100選[4]
  • 大広間棟 - 大正期竣工、御殿風、七十畳敷の和室
  • 奥座敷 - 大正期竣工
  • 茶室 - 大正期竣工
  • 旅館棟 - 昭和戦前期竣工、2階建
  • 楼閣 - 昭和戦前期竣工、2階建

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]