舘豊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舘 豊夫(たて とよお、1920年1月3日 - 1998年4月9日)は日本実業家

略歴[編集]

業績[編集]

社長時代の1988年に三菱自動車工業を東証1部に上場させ「三菱自動車中興の祖」と呼ばれた。

親族[編集]

舘豊夫は5人兄弟の末っ子で、3人の兄と1人の姉がいる。豊夫の兄・稲麻呂(香緑の三男)は大昭和製紙の創業者・齊藤知一郎の長女と結婚し、大昭和製紙の代理店・日昭物産(その後コミネ日昭を経て日本紙通商となる)の社長を務めた。稲麻呂の長女がトランスワールドインダストリー社長・渡辺紀久男に嫁いだが、紀久男の弟が岩崎忠雄の婿養子となったため、舘家は渡辺家を通じて三菱財閥の創業者・岩崎家と姻戚関係で結ばれた。また豊夫の姉・久楽子は元山下汽船常務・漆野寿一の弟・東吉(元一興産業社長)に嫁ぎ、東吉との間に1男1女をもうけた。

関連項目[編集]


先代:
東條輝雄
三菱自動車工業社長
第5代:1983年 - 1989年
次代:
中村裕一