みずほリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
興銀リースから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずほリース株式会社
Mizuho Leasing Company, Limited
Headquaters of IBJ Leasing Company, Limited.JPG
興銀リースビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8425
2004年10月7日上場
本社所在地 105-0001
東京都港区虎ノ門一丁目2番6号
設立 1947年(昭和22年)12月13日(注)
(光南機工株式会社)
業種 その他金融業
法人番号 3010401094447 ウィキデータを編集
事業内容 リース
代表者 本山博史
代表取締役社長CEO
資本金 260億8,803万円
発行済株式総数 49,004,000株
従業員数 連結:1,672名
単独:661名
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 みずほ銀行 23.03%
第一生命保険(株) 5.98%
日産自動車退職給付信託口座 信託受託者 みずほ信託銀行 再信託受託者 資産管理サービス信託銀行 3.57%
ユニゾホールディングス 3.15%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)2.62%
明治安田生命保険 2.55%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)2.33%
DOWAホールディングス 2.29%
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 2.07%
(2019年10月1日現在)
主要子会社 主な子会社・関連会社の項を参照
外部リンク https://www.mizuho-ls.co.jp/
特記事項: 株式額面変更のため、1980年(昭和55年)4月1日に(旧)株式会社パシフィック・リースを当社に吸収合併し、旧会社は消滅した。旧会社の設立日は1969年(昭和44年)12月1日である。
テンプレートを表示

みずほリース株式会社(英文名称:Mizuho Leasing Company, Limited)は、東京都港区に本社を置く業界8位の大手総合リース会社で、みずほフィナンシャルグループ持分法適用関連会社

沿革[編集]

  • 1969年昭和44年)12月 - 日本興業銀行が中心となり株式会社パシフィックリースを設立。
  • 1981年(昭和56年)11月 - 興銀リース株式会社に商号変更。
  • 2004年平成16年)10月 - 東証2部に上場。
  • 2005年(平成17年)9月 - 東証1部に指定替え。
  • 2015年(平成27年)
    • 4月 - 日産リースを吸収合併。
    • 9月 - 東日本リースの全株式を譲渡。
  • 2018年(平成31年)3月 - みずほ銀行を引受先とする第三者割当増資(既存株主からの市場外取引)により、同行の出資比率がそれまでの3.81%から23.03%となる。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 3月 - エムジーリースの株式を取得。
    • 3月 - みずほフィナンシャルグループの持分法適用関連会社となる。
    • 10月 - みずほリース株式会社に商号変更[1]

事業所所在地[編集]

主な子会社・関連会社[編集]

括弧内は出資比率。所在地が記載されていない会社は興銀リース本社ビル内に本社を構えている。

  • IBJL東芝リース株式会社 (90%、東芝グループ系)
  • 第一リース株式会社 (90%、元第一生命系)
  • ユニバーサルリース株式会社 (90%、元山九系) - 東京都中央区勝どき6-5-3
  • エムジーリース株式会社 (50%、丸紅との共同出資) - 東京都千代田区一ツ橋2-1-1
  • みずほオートリース株式会社 (100%、元セゾン系企業から買収した自動車リース関連事業を手掛けた旧セゾンオートシステムを吸収合併)
  • エムエル・エステート株式会社 (100%、そのうち間接出資60%)
  • エムエル商事株式会社 (100%)
  • エムエル・オフィスサービス株式会社 (100%)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “商号の変更及び定款の一部変更に関するお知らせ” (プレスリリース), 興銀リース株式会社, (2019年5月22日), https://file.swcms.net/file/ibjl/ja/news/auto_20190522432433/pdfFile.pdf 2019年7月5日閲覧。 

外部リンク[編集]