興国寺 (和歌山県由良町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
興国寺 (由良町)から転送)
移動先: 案内検索
興国寺
興国寺 - 本堂.JPG
興国寺本堂
所在地 和歌山県日高郡由良町門前801
位置 北緯33度58分37.3秒
東経135度7分30.9秒
座標: 北緯33度58分37.3秒 東経135度7分30.9秒
山号 鷲峰山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 安貞元年(1227年
開基 葛山景倫(願性)
別称 西方寺
札所等 紀伊之国十三仏霊場第8番
文化財 木造法燈国師坐像、絹本著色法燈国師像、紙本墨書誓度院規式(重要文化財)
テンプレートを表示

興国寺(こうこくじ)は、和歌山県日高郡由良町にある臨済宗妙心寺派寺院。山号は鷲峰山(じゅぶざん)。本尊は釈迦如来

歴史[編集]

安貞元年(1227年)、高野山金剛三昧院の願生(俗名・葛山景倫)が主君であった源実朝の菩提を弔うために創建したもので、創建時は真言宗寺院で西方寺と称していた。葛山景倫は承久元年(1219年)、実朝の暗殺を機に出家。実朝の生母・北条政子は願生の忠誠心に報い、願生を西方寺のある由良荘地頭に任命した[1][2]

願生は親交のあった心地覚心(法燈国師)から帰国すると、正嘉2年(1258年)に西方寺の住職に迎えて開山とした。その後、後醍醐天皇より寺号興国寺を賜ったという。覚心は、普化尺八を奏する居士4名を宋から連れ帰り、興国寺に住まわせたので、以後当寺は普化尺八の本山的な役割を持つようになった。その弟子の一人、虚竹禅師(寄竹)が尺八の元祖といわれている[3]

また、熊野伊勢地方への布教を積極的に行った。宋で習得した金山寺味噌の製法が弟子から人々に伝わり、やがて醤油が誕生するきっかけとなった[4]

天正13年(1585年)、羽柴秀吉紀州征伐によって伽藍の大部分を焼失したが、慶長6年(1601年)に紀州藩主・浅野幸長によって再興された[5]

昭和31年(1956年)、臨済宗妙心寺派から独立し臨済宗法燈派大本山になったが、昭和61年(1986年)に妙心寺派に復帰した。

伽藍[編集]

  • 本堂
  • 天狗堂
  • 山門
  • 尺八道場

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

和歌山県指定無形民俗文化財[編集]

天然記念物(国指定)[編集]

札所[編集]

交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』、pp.525 - 527
  2. ^ (谷口、2004)pp.25 - 26
  3. ^ 『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』、pp.526 - 527
  4. ^ 湯浅醤油(2012年11月18日閲覧)
  5. ^ 『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』、pp.526 - 527

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 和歌山県の地名』、平凡社、1983
  • 谷口耕一「延慶本平家物語における維盛粉河詣をめぐる諸問題 湯浅権守宗重とその周辺(三)」『続続平家物語の成立』(千葉大学社会文化科学研究科研究プロジェクト報告集)、2004、pp.25 - 26(参照:千葉大学学術成果リポジトリ

関連項目[編集]