與那覇潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

與那覇 潤(よなは じゅん、1979年 - )は、日本歴史学者。専門は日本近代史、現代史、東アジア地域研究。学位は博士(学術)東京大学2007年)。元愛知県立大学日本文化学部准教授

経歴[編集]

神奈川県生まれ、東京都育ち。2002年東京大学教養学部卒業、2007年同大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了、博士(学術)。同年10月、愛知県立大学文学部准教授、2009年、同大学日本文化学部歴史文化学科准教授。2017年双極性障害Ⅱ型[1]をきっかけとして同大を退職。以後は在野の歴史学者として著書の執筆のほか、病気についての啓発活動[2]も行っている。

著書[編集]

  • 『翻訳の政治学 近代東アジア世界の形成と日琉関係の変容』岩波書店、2009年
  • 『帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史』NTT出版、2011年
  • 『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』文藝春秋、2011年/文春文庫、2014年
  • 『日本人はなぜ存在するか』集英社インターナショナル、2013年/集英社文庫、2018年
  • 『知性は死なない 平成の鬱をこえて』文藝春秋、2018年
  • 『荒れ野の六十年 東アジア世界の歴史地政学』勉誠出版、2020年

共著[編集]

連載[編集]

影響と評価[編集]

幼少期に影響を受けた歴史作家に陳舜臣を挙げている。「論理」を本多勝一、「情緒」を佐藤忠男の著書に学んだとも述べた[3]

東京大学での指導教員は三谷博。在学中に安冨歩からも影響を受けたが、間もなく決裂した経緯を『荒れ野の六十年 東アジア世界の歴史地政学』のあとがきに書いている。

中谷巌は『中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史』を西洋中心史観を相対化した研究であり、「この一年で最も知的刺激を受けた本」と評価している[4]

『知性は死なない 平成の鬱をこえて』を読んだ加藤典洋に依頼されて、文庫の解説を担当したが、生前に面識を得ることはなかった[5]

脚注[編集]

  1. ^ 本多カツヒロ (2018年8月17日). “うつの体験から考えぬいた、平成の反知性主義を克服する方法 『知性は死なない 平成の鬱をこえて』 與那覇潤氏インタビュー”. WEDGE Infinity. 2019年3月2日閲覧。
  2. ^ 第5回世界双極性障害デーフォーラム講演、2019年3月30日
  3. ^ 「読書日記 歴史学者 與那覇潤」日本経済新聞夕刊、2020年1月9日~30日
  4. ^ 中谷巌「中国化か、江戸化か 〜 選択を迫られる日本」季刊 政策・経営研究、2012 Vol.4
  5. ^ 與那覇潤「言葉で復元、深みに到達 文芸評論家・加藤典洋さんを悼む」朝日新聞、2019年5月26日

外部リンク[編集]