臼田孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

臼田 孝(うすだ たかし、1962年6月22日[1] - )は、日本の機械工学者である。工学博士[1]産業技術総合研究所計量標準総合センターのセンター長。国際度量衡委員会の委員であり、キログラム定義改正に参画した。

経歴[編集]

1987年3月、東京工業大学大学院総合理工学研究科の修士課程を修了[1]。1990年4月、通商産業省工業技術院計量研究所(現在の産業技術総合研究所)に入所[1]。1998年から1999年までドイツ物理工学研究所英語版で招聘研究員を務め[1]、2000年から2001年までフランス国立科学研究センターで招聘研究員を務めた[1]。現在は振動計測や物理センサの校正技術等に従事している[1]

著書[編集]

  • 臼田 孝『新しい1キログラムの測り方 - 科学が進めば単位が変わる講談社ブルーバックスB-2056〉、2018年4月18日、第1刷。全国書誌番号:23054175ASIN B07CBWDV18Kindle版)。ISBN 978-4-06-502056-2NCID BB25919929OCLC 1034652987ASIN 4065020565

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 大田明博、臼田孝、中野英俊「振動加速度標準における電荷増幅器の校正法」『電気学会論文誌E』第123巻第6号、電気学会、2003年、 203-208頁、 doi:10.1541/ieejsmas.123.203ISSN 1347-5525OCLC 53833992

外部リンク[編集]