至大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

至大(しだい)は、中国の武宗カイシャンの治世で用いられた元号1308年 - 1311年モンゴル語史料ではČi-daiと転写されている[1]

西暦・干支との対照表[編集]

至大 元年 2年 3年 4年
西暦 1308年 1309年 1310年 1311年
干支 戊申 己酉 庚戌 辛亥

脚注[編集]

  1. ^ 元朝~明朝初期の言語接触に関する文献学的研究班2010,120頁

参考文献[編集]

  • 渡部洋, 松川節, 小野浩, 古松崇志, 石野一晴, 毛利英介, 伴真一朗, 清水奈都紀「漢文・モンゴル文対訳「達魯花赤竹君之碑」(1338年)訳註稿」『真宗総合研究所研究紀要』第29号、大谷大学真宗総合研究所、2010年、 107-238頁、 ISSN 1343-2753


前の元号
大徳
中国の元号
次の元号
皇慶