自転車協会認証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

自転車協会認証(じてんしゃきょうかいにんしょう、Bicycle Association (Japan) Approved、略称BAA)は、社団法人自転車協会(現:一般社団法人自転車協会)が制定した日本自転車安全基準である。一般用自転車を対象としたBAAは、2004年9月から実施された。2007年10月から、スポーツ自転車を対象としたスポーツBAA(略称SBAA)が導入された。

概要[編集]

BAAは、自転車の品質低下による事故を防ぎ、また「安全で長持ちする自転車」を目指し、安全性の向上と廃棄・放置自転車による環境への悪影響を防ぐことを目的とし、日本工業規格をベースにドイツ規格 (DIN) の安全基準を加えたものである。ねじペダルブレーキ・制動性能・にぎり・照明車輪どろよけ前ホーク・駆動部・ハンドル・リフレックスリフレクタ・フレームの各部について設けた基準以上の性能になるように制定し、適合車にはフレームに対しマークを貼る。

スポーツBAAは、スポーツ用自転車全般をカバーする安全基準がなかったことから設けられたもので、自転車協会による「スポーツ用自転車安全基準」に適合した自転車(完成車)に製造者・輸入者がマークを貼る。この基準は2007年1月に発効したBS-EN規格を基にして、日本の事情に合わせて制定された。同時にスポーツ用自転車の安全性は販売者の技量に負うところが大きいとして、販売者の技量を認定するスポーツBAAプラスという資格制度も設けられた。

対象車種[編集]

BAA[編集]

SBAA[編集]

コマーシャルモデル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]