自衛隊機乗り逃げ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自衛隊機乗り逃げ事件
Fuji LM-1 JASDF Lakeland FL 22.04.09R.jpg
乗り逃げされたLM-1の同型機。画像はアメリカ人の個人所有機体であり、実機と塗装は異なる。
出来事の概要
日付 1973年6月23日
概要 航空機の管理不徹底
飲酒による無断離陸
現場 日本の旗 日本栃木県宇都宮市
陸上自衛隊北宇都宮駐屯地
乗客数 0
乗員数 1
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0(行方不明者1名)
生存者数 0
機種 LM-1
運用者 陸上自衛隊
テンプレートを表示

自衛隊機乗り逃げ事件(じえいたいきのりにげじけん)とは、飲酒した陸上自衛官航空機に乗って飛び去り、機と一緒に行方不明になったという不可解な事件。なお、乗り逃げした機体および自衛隊員が発見されることはなかった。

事件の概要[編集]

1973年6月23日の午後9時頃、栃木県宇都宮市にある陸上自衛隊北宇都宮駐屯地(宇都宮飛行場:RJTU)の滑走路から、突然LM-1型連絡機が離陸した。夜間のことであり、管制塔が閉鎖されていたため、大騒ぎになった。隊内の調査で、同駐屯地に駐屯していた航空学校宇都宮分校(現宇都宮校)所属の整備員3等陸曹(当時20歳)が飲酒の上、行方不明となっていることが判明した。飛行機は南に向かって飛び立ったのが目撃されているが、レーダーでは捕捉されず、かなりの低空飛行だったと推測されている。

無線の使い方がわからなかったのか、意図的に応じなかったのか定かではないが、呼びかけにも応答せず、同機に搭載された5時間20分相当(航続距離 1,300 キロメートル)の燃料が尽きたため、墜落したと思われる。

格納庫は緊急事態に備えるため、閂がかかっていただけで施錠はされていなかった。3曹は整備士として副操縦席に搭乗経験があったのみで操縦訓練は受けておらず、搭乗経験もLM-1では2時間10分しかなく、しかもが入った状態で単独で夜間飛行でき、市街地に墜落しなかったこと自体が奇跡であった。防衛庁・陸上自衛隊は、彼が酔った勢いで突如航空機を操縦してみたいという衝動に駆られ、乗り逃げしたものと断定した。

1ヶ月間にわたる捜索でも(その後、現在に至るまで)機体は発見できず、3曹は8月1日付けで行方不明のまま懲戒免職とされた。なお、関係者7人も航空機の管理責任を問われる形で処分されている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]