自衛隊に入ろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

自衛隊に入ろう」(じえいたいにはいろう)はフォークシンガー高田渡の楽曲。ピート・シーガーが1962年に発表した「アンドーラ」という曲が原曲である。

概要[編集]

1968年8月9日-11日に京都山崎宝積寺」で行われた第3回関西フォークキャンプに参加した高田渡が初めて歌い、観客に衝撃を与え、注目を浴び、レコード・デビューのきっかけとなった。1969年4月にURCレコードより発売されたアルバム『高田渡/五つの赤い風船』に収録され、同年12月にシングル発売される。

マルビナ・レイノルズ英語版が作詞した「アンドーラ」は、小国アンドラとの比較によってアメリカ合衆国を風刺した反戦歌だった。一方、「自衛隊に入ろう」の歌詞は、高田が原詞に依らず新たに創詞したものである。この歌詞には自衛隊風刺する皮肉が込められており、1968年TBSの番組で放映された。それにもかかわらず防衛庁(現防衛省)から自衛隊のPRソングとしてのオファーが出され、高田本人は困惑したという[1]。後年、自衛隊の存在が広く認知されるようになると高田はこの曲を封印し、2005年に死去するまで再び歌われることはなかった[2]

この曲は後に日本民間放送連盟により要注意歌謡曲に指定され、放送禁止歌となる。現在では要注意歌謡曲指定制度そのものが効力がなくなったため、放送禁止の扱いではない[3]

カバー[編集]

その他ソウル・フラワー・ユニオンなぎら健壱坂崎幸之助などがライブでカバーしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森達也『放送禁止歌』(光文社ISBN 4-334-78225-6)pp.48-49
  2. ^ 「スローライフ―緩急自在のすすめ」 2006年 岩波新書 筑紫哲也
  3. ^ 『放送禁止歌』pp.67-72によれば、要注意歌謡曲指定制度の最終版(1983年度版、効力は1988年まで)の時点で、この曲は要注意歌謡曲一覧に記載されていなかった。

外部リンク[編集]