自衛隊に入ろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自衛隊に入ろう」(じえいたいにはいろう)はフォークシンガー高田渡の楽曲。ピート・シーガーが1962年に発表した「アンドーラ」という曲が原曲である。

概要[編集]

1968年8月9日-11日に京都山崎宝積寺」で行われた第3回関西フォークキャンプに参加した高田渡が初めて歌い、観客に衝撃を与え、注目を浴び、レコード・デビューのきっかけとなった。1969年4月にURCレコードより発売されたアルバム『高田渡/五つの赤い風船』に収録され、同年12月にシングル発売される。

マルビナ・レイノルズ英語版が作詞した「アンドーラ」は、小国アンドラとの比較によってアメリカ合衆国を風刺した反戦歌だった。このメロディに、街頭の勧誘に力を入れていた自衛隊の宣伝文句をそのまま載せた。この歌詞には自衛隊風刺する逆説的な皮肉が込められており、1968年TBSの番組で放映された。すると防衛庁(現防衛省)から自衛隊のPRソングとしてのオファーが出された。[1] 高田本人は後年、「あれは最初からそういう風に右でも左でもいいようにちゃんと作ったんですよ。誤解するようにちゃんと作ったんです(笑)」と語っている。[2]

防衛庁から依頼があったあともそれをネタにして平然と歌っていたが、のちに、高田はこの曲を封印した。[3] しかし、 しばしば語られる、防衛庁が皮肉を理解しなかったから封印したのだというのは、間違いである。 レコードが発売されたのは翌年の1969年であるし、1983年のシングル盤「酒が飲みたい夜は」のB面にも収録され、また2004年の「タカダワタル的」公開初日オールナイトイベントでは、はにかみながら特別にすこしだけ歌ってみせた。

自衛隊イラク派遣の頃に泉谷しげるがライブでカバーしたり、2001年にガガガSPが「悪いソ連や中国をやっつけましょう」とかつての歌詞のまま歌ったりしたが、「誰かが歌ってるね」「いまの時期だからって歌ってること自体が気に入らない」「いまが旬だって言って、いまの方たちが歌ってる。違う、内容が違う」と批判している。一方で、「一度出してしまったものは、あとでどう言われてもしょうがないんだ。ウンコションベンなんだから」と語った。


この曲は1970年2月6日[4]日本民間放送連盟による要注意歌謡曲の審査対象となったが「流行する可能性がない」「各局の判断に任せる」として要注意歌謡曲には指定されなかった[5]。但し事実上は放送禁止扱いとされた[6]。なお、現在では要注意歌謡曲指定制度そのものが効力がなくなった[7]

カバー[編集]

その他ソウル・フラワー・ユニオンなぎら健壱坂崎幸之助PANTAなどがライブでカバーしている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森達也『放送禁止歌』(光文社ISBN 4-334-78225-6)pp.48-49
  2. ^ 『季刊ユジク』(ふゅーじょんぷろだくと
  3. ^ 「スローライフ―緩急自在のすすめ」 2006年 岩波新書 筑紫哲也
  4. ^ 吉野健三『歌謡曲 流行らせのメカニズム』晩聲社 (ヤゲンブラ選書) 、1978年、115頁。
  5. ^ 『歌謡曲 流行らせのメカニズム』116-117頁。
  6. ^ 『歌謡曲 流行らせのメカニズム』118頁。
  7. ^ 『放送禁止歌』pp.67-72によれば、要注意歌謡曲指定制度の最終版(1983年度版、効力は1988年まで)の時点で、この曲は要注意歌謡曲一覧に記載されていなかった。

外部リンク[編集]