自由降下傘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自由降下傘
降下する第1空挺団の隊員

自由降下傘(じゆうこうかさん)は、陸上自衛隊需品科の装備であり、第1空挺団後方支援隊落下傘整備中隊と需品学校に配備されている。空挺隊員を高高度から隠密かつ精密に降下させる際に用いる装備である。

特徴[編集]

第1空挺団においては自由降下は当初60式空挺傘の改良型を用いていたが、着地時の衝撃や任意の地点に赴け無いことなどから、新たに落下傘を求め最終的に米国製のMC-4が採用された。これはスポーツパラシュートと同型の形状(やや傘体が大きい)で操縦性、安全性が向上、高高度、低高度など所望の高度で開傘でき、さらに滑降性も備わり空挺作戦の幅が広がった。

諸元・性能[編集]

  • 傘体形状:方形
  • 傘体長:約8.7m×約4m
  • 重量:約20kg
  • 開傘時間:3.5秒以内
  • 降下速度:吊下重量約160kgで4.9m/秒以下

製作[編集]

  • 製作:パラフライト社(アメリカ)

関連項目[編集]