自由ケ丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
自由ケ丘高等学校
Jiyugaoka zenkei.jpg
過去の名称 福原高等学校
九州共立大学八幡西高等学校
九州女子大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人福原学園
併合学校 九州共立大学八幡西高等学校
九州女子大学附属高等学校
校訓

学是「自律処行」

校訓「規律・勤労・礼儀」
設立年月日 2002年(平成14年)4月
創立記念日 11月5日
創立者 福原軍造
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース(スーパー特進クラス・特進Ⅰ類クラス・特進Ⅱ類クラス)、アドバンスコース
学期 3学期制
高校コード 40565F
所在地 807-0867
北緯33度51分53.41秒 東経130度43分12.98秒 / 北緯33.8648361度 東経130.7202722度 / 33.8648361; 130.7202722座標: 北緯33度51分53.41秒 東経130度43分12.98秒 / 北緯33.8648361度 東経130.7202722度 / 33.8648361; 130.7202722
外部リンク 自由ケ丘高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

自由ケ丘高等学校(じゆうがおかこうとうがっこう)は、福岡県北九州市八幡西区自由ヶ丘にある男女共学の私立高等学校。 旧九州共立大学八幡西高等学校(男子校)と旧九州女子大学附属高等学校(女子校)を統合し、2002年(平成14年)に開校した。学校法人福原学園が運営。

なお、自由ケ丘の「ケ」はカタカナ全角の『ケ』を使う。

沿革[編集]

旧高校時代(1947年~2001年)[編集]

  • 1947年- 福原高等学院(本科・研究科・師範科・速成科)開校
  • 1950年- 新制高等学校令により、福原高等学校開校
  • 1951年- 福原高等学校に男子部普通科を新設
  • 1954年- 福原高等学校に商業科を新設。
  • 1955年- 八幡西高等学校に校名変更
  • 1958年- 八幡西高等学校に工業科を新設(機械・電気)。
  • 1959年- 八幡西高等学校男子部(普通科・商業科・工業科<機械・電気>)と女子部(普通科・商業科・家庭科)に分離
  • 1961年- 八幡西高等学校女子部を八幡女子高等学校に分離独立
  • 1962年- 八幡女子高等学校を九州女子大学附属高等学校に校名変更
  • 1965年- 八幡西高等学校工業科<電気>に電気コース・電子コースを新設、工業科に自動車科・土木建築科を新設
  • 1966年- 八幡西高等学校を九州共立大学八幡西高等学校に校名変更
  • 1970年- 九州共立大学八幡西高等学校が土木・建築科を閉科。
  • 1974年- 九州共立大学八幡西高等学校が普通科に特進学級を設置。
  • 1975年- 九州女子大学附属高等学校に衛生看護科を新設。
  • 1977年- 九州共立大学八幡西高等学校自動車科に普通小型自動車分離整備事業(第一種認証工場)認可。
  • 1978年-九州女子大学附属高等学校衛生看護科に専攻科を新設。
  • 1979年- 九州共立大学八幡西高等学校自動車科に第一種自動車整備士養成施設認可。
  • 1989年-九州女子大学附属高等学校普通科に特進コース・普通コースを設置
  • 1992年-九州女子大学附属高等学校家庭科を生活文化科に改称し、生活デサインコース・食物文化コースを設置。
  • 1995年-九州共立大学八幡西高等学校商業科・機械科・電気科の募集を停止し、普通科(特進コース・国際コース・進学コース・<情報クラス>・体育コース・自動車科に改編。
  • 1996年- 九州女子大学附属高等学校が自由ケ丘高等学校の校舎となる耕文館に移転
  • 1997年- 九州共立大学八幡西高等学校が商業科・機械科・電気科を閉科
  • 1999年9月-新高校開校に向けて、高校統合準備委員会を設置
  • 2000年7月-福岡県に新高等学校設置の第一次申請を行う。
    • 2001年-9月に第二次申請、12月に設置許可をもらう。

自由ケ丘高校時代(2002年~)[編集]

  • 2002年- 九州共立大学八幡西高等学校・九州女子大学附属高等学校を統合し自由ケ丘高等学校(男女共学)開校
    • 当時、普通科(特別進学コース・進学コース・体育コース・情報コース)、自動車科、生活文化科(生活デザインコース・食物文化コース)、看護科・看護専攻科(5年一貫教育による改称)と4科8コースの構成だった。
    • この年に、井上応順氏を校長に迎える。
  • 2003年- 特別進学コースにスーパー特進クラスを設置
  • 2004年- 普通科進学コースにアドバンス進学クラスを設置
  • 2005年- 生活文化科・自動車科の募集を停止し、普通科に栄養健康進学コースを設置
  • 2006年- 普通科進学コースアドバンス進学クラスの募集を停止し、普通科特進コース特進アドバンスクラスを設置
  • 2007年- 普通科栄養健康進学コース募集停止
  • 2010年- 普通科体育コース・情報コース・看護科募集停止
  • 2011年- 平成23年度入学生より普通科特進コース(スーパー特進クラス・特進Ⅰ類クラス・特進Ⅱ類クラス)、特進アドバンスコースに改組
  • 2013年
  • 2014年- 普通科特進アドバンスコースを普通科アドバンスコースに改称。現在の構成[普通科{特別進学コース(スーパー特進クラス・特進1類クラス・特進2類クラス)・アドバンスコース}]となる。看護専攻科閉科。
  • 2015年-福田敬治氏が校長を退任し、辻村克江氏が校長に就任。

学校紹介[編集]

学是[編集]

自律処行

  • 自分を厳しく律すると共に、心豊かに他人を思いやり事を成す

校訓[編集]

規律 勤労 礼儀

  • 規律ある生活態度を身につけ、勤労精神を体得し、礼儀を重んじる人間の育成を目標とする

教育方針[編集]

  • 人間開発
  • 学力開発

設置学科・コース[編集]

  • 普通科
    • 特別進学コース(週37単位)
      • スーパー特進クラス-難関国立大学や難関私立大学を目指す精鋭クラス
      • 特進Ⅰ類クラス-スーパー特進クラスと同様のカリキュラムで国公立大学や難関私立大学を目指す受験対策クラス
      • 特進Ⅱ類クラス-スーパー特進クラスと同様のカリキュラムで国公立大学・私立大学進学を目指す受験対策クラス
    • アドバンスコース(週32単位)
      • 国公立大学を含めた幅広い進路目標に対応したコース

奨学金制度・優遇制度[編集]

  • 奨学金制度
    • 学力特待生制度
    • 兄弟姉妹就学支援制度
    • 内部昇格学力特待生制度
    • 予備校受講料給付制度
    • 難関国立大学特別奨学金制度
  • 優遇制度
    • 自由ケ丘高等学校から系列校である九州共立大学、九州女子大学、九州女子短期大学への進学を希望する場合、学費を削減できる系列校特別推薦入試制度がある。

部活動[編集]

インターハイ出場と国公立大学合格の両方を達成する「真の文武両道」を目指している。どのコース・クラスの生徒も部活動に参加することが出来る。2016年現在、学校全体で800名を超える生徒が部活動に参加している。

  • 陸上競技部
    • 2017年現在インターハイに38年連続出場中(九州共立大学八幡西高等学校時代から)
    • 2015年(平成27年)インターハイ 女子砲丸投第8位
    • 2016年(平成28年)インターハイ 出場
    • 2017年(平成29年)インターハイ 出場
  • 駅伝部
    • 2016年(平成28年)福岡県高等学校総合体育大会駅伝競走大会 男子準優勝
    • 2017年(平成29年)福岡県高等学校総合体育大会駅伝競走大会 男子準優勝
  • 体操競技部
    • 2017年現在インターハイに4年連続出場中
    • 2016年(平成28年)インターハイ 団体8位入賞・種目別第7位
    • 2017年(平成29年)インターハイ 出場
  • 硬式野球部
  • バドミントン部
    • 2016年(平成28年)インターハイ 個人シングルス出場
    • 2017年(平成29年)インターハイ 個人シングルス・個人ダブルス・団体出場
  • 弓道部
    • 2016年(平成28年)インターハイ 個人出場
  • レスリング部
    • 2016年(平成28年)インターハイ 52kg級出場
  • 生物部
    • 2012年(平成24年)日本農芸化学会主催高校生パネル発表会 全国大会 銀賞受賞・九州高等学校理科教育研究会主催高校生生物研究発表会 優秀賞受賞
    • 2016年(平成28年)日本学生科学賞 福岡県審査会 最優秀賞
  • チアリーディング部
    • 2016年(平成28年)チアリーディング&ダンス選手権大会 ナショナルズ(全国選手権大会)ベストインプレッション賞受賞
    • 2018年(平成30年)チアリーディング&ダンス選手権大会 ナショナルズ(全国選手権大会)出場予定
  • ソフトボール部
    • 2017年(平成29年)第35回全国高等学校男子ソフトボール選抜大会出場
  • 女子バレーボール部
    • 2017年(平成29年)マドンナカップ ビーチバレージャパン出場
  • インターアクトクラブ

施設[編集]

校舎棟(耕文館)[編集]

  • 1996年に新設。当時は九州女子大学附属高等学校が校舎として扱っていた。
  • 鉄筋コンクリート7階建。全室冷暖房完備で、エレベーター9基を備えている。
  • 校舎棟の6階と体育館の1階が連絡通路でつながっている。
    • A棟(生徒昇降口・職員室)
      • 2階-生徒昇降口
      • 3階-職員室
    • B棟(普通教室棟)
      • 2階-事務室・女子保健室・校長室・事務室・用務員室・応接室・教育相談室・会議室
      • 3階-進路資料室・売店・放送室・多目的室(60名~90名収容可能)
      • 4階-食堂への連絡通路・普通教室
      • 5~6階-普通教室
      • 7階-普通教室・学習室・同窓会「福峰会」事務局
    • C棟(特別教室棟・吹き抜けエリア)
      • 3階-大教室(200名収容可能)・情報処理教室(約200台のパソコンを保有)・大会議室・生徒会室
      • 4階-図書室(2016年現在、約59000冊の蔵書)・物理実験室・英会話教室(2教室)・情報処理教室
      • 5階-音楽教室(50名収容可能な教室が2部屋、個人レッスン室6室)・生物実験室・化学実験室・情報処理教室
      • 6階-調理実習室(2教室)・視聴覚教室(200名収容可能)・被服実習室・和作法室
      • 7階-美術教室・書道教室・吹奏楽部部室
    • D棟(普通教室棟)
      • 2階-男子保健室・普通教室
      • 3~7階-普通教室

体育館(武耕館)[編集]

  • 鉄筋コンクリート5階建。エレベーター1基を備えている。3500人収容可能。
    • 1階-剣道場(衝撃吸収床2面完備)・柔道場(衝撃吸収畳2面完備)・アリーナ1(ダンス場)・トレーニングルーム
    • 2階-運動部の部室
    • 3階-アリーナ3(メインアリーナ・衝撃吸収床完備)
      • バスケットコート3面(バレーコート4面・バドミントンコート12面)の広さがあり、中体連・高体連の公式試合等も行われる
    • 4階-150mの全天候型ウレタン走路(2レーン)
    • 5階-放送室

食堂[編集]

  • 校舎棟(耕文館)B棟4階から連絡通路でつながっている。
  • 400名収容可能
  • 校舎棟(耕文館)とは別に、売店がある。

グラウンド[編集]

  • 400mトラック。フィールド内はサッカー・ラグビーの公式試合も行われる。
  • 夜間照明完備

野球場[編集]

  • 2014年に新設
  • 内野は黒土でセンター122m・両翼100mで同心円状に左中間・右中間は膨らんでいる
  • 夜間照明完備

学校行事[編集]

3学期制をとる

1学期

  • 4月-入学式、対面式、宿泊研修(1年生)、遠足(2・3年生)
  • 5月-中間考査
  • 6月-文化祭「朱雀祭」、水泳実習(1年生)、期末考査
  • 7月-オープンスクール、夏期課外授業
  • 8月-オープンスクール、夏期課外授業

2学期

  • 9月-体育祭
  • 10月-生徒会役員改選、中間考査、折尾の街クリーン作戦(1・2年生)、オープンスクール
  • 11月-創立記念日、オープンスクール、期末考査
  • 12月-マラソン大会(1・2年生)、冬期課外授業

3学期

  • 1月-大学入試センター試験(3年生)、卒業考査(3年生)
  • 2月-修学旅行(2年生)、賞状伝達式、同窓会入会式(3年生)
  • 3月-卒業証書授与式(3年生)、学年末考査(1・2年生)・春期課外授業・新入生実力テスト(新1年生)

アクセス[編集]

出身有名人[編集]

関連校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]