自由の歌

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
Cântico da Liberdade
和訳例:自由の歌

国歌の対象
カーボベルデの旗 カーボベルデ

作詞 アミルカル・スペンセル・ロペス
作曲 アダルベルト・イジノ・タヴァレス・シルヴァ
採用時期 1996年
テンプレートを表示

自由の歌ポルトガル語: Cântico da Liberdade)は、カーボベルデ共和国国歌である。1996年に国歌に制定された。それまでは、ギニアビサウの国歌と同じく、『Esta é a Nossa Pátria Bem Amadais』が同国の国歌であった。アミルカル・スペンセル・ロペス作詞。アダルベルト・イジノ・タヴァレス・シルヴァ作曲。

歌詞 (ポルトガル語)[edit]

Cântico da Liberdade

Canta, irmão
canta meu irmão
que a Liberdade é hino
e o Homem a certeza.

Com dignidade, enterra a semente
no pó da ilha nua
No despenhadeiro da vida
a esperança é do tamanho
do mar que nos abraça
Sentinela de mares e ventos perseverante
entre estrelas e o Atlântico
entoa o cântico da Liberdade

Canta, irmão
canta meu irmão
que a Liberdade é hino
e o Homem a certeza.

歌詞 (日本語)[edit]

歌いましょう、兄弟
歌いましょう、私の兄弟
自由が歌う
人民は揺るぎない
種を厳かに埋める
この荒島の塵には
生活は絶壁のようだ
希望は海のようです
私たちを胸に抱いて
海と風の歩哨は揺るがない
星と大西洋の間に
自由の歌を歌うよ
歌いましょう、兄弟
歌いましょう、私の兄弟
自由が歌う
人民は揺るぎない

関連項目[edit]