自由の橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自由の橋
Gyeongui line imjingang cheolgyo.jpg
自由の橋(臨津江鉄橋)
各種表記
ハングル 자유의 다리
漢字 自由의다리
発音 チャユエ タリ
日本語読み: じゆうのはし
英語表記: Bridge of Freedom
テンプレートを表示

自由の橋(じゆうのはし)は、大韓民国京畿道坡州市にある臨津江に架かる鉄橋。臨津閣の近くにあり、臨津江に架かる橋のうち最も下流にある橋である。本来の名称は臨津江鉄橋。もともとは京義線の鉄道橋として建設されたもので、道路橋に転用されたのち、現在は再び鉄道橋として機能している。

沿革[編集]

かつてこの地点には京義線の上下線に対応した2本の橋が架けられていたが、朝鮮戦争時に爆撃を受けている。現在使われている橋は、かつての下り線の橋であり、上流側に上り線の橋の橋桁が残っている。1953年、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた後、捕虜1万3000人余りが橋を渡って南に帰還する際、「自由万歳」と叫んだことから、「自由の橋」の名で呼ばれるようになった。道路橋に改修された橋は、かつては民間人統制区域板門店へのアクセス道路であり、「南北を結ぶ道」として使用されていたが、新たに上流(北東)に「統一大橋」 (ko:통일대교が開通したことにより、主要な交通路からは外れた。

2000年から京義線の南北連結事業が始まると、再び鉄道橋として改修された。橋の上を通る京義線(臨津江駅 - 都羅山駅)は2002年に開通した。

橋の東側のたもと、臨津閣を含む臨津閣国民観光地 (ko:임진각국민관광지には、道路橋時代の模様を再現した「自由の橋」のレプリカがある。

関連項目[編集]

座標: 北緯37度53分24.6秒 東経126度43分58.3秒