自然法党 (アメリカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自然法党(しぜんほうとう、Natural Law Party)は、アメリカの政党で、全宇宙を支配する完全な秩序である自然法(自然の法則)を奉じる。マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーと彼が提唱する超越瞑想ヴェーダ科学の影響を強く受け、犯罪が減少するなどと謳い超越瞑想と「ヨーガのフライング」(空中浮揚)を実践を推奨していた[1]。1990年代に活発に活動し、1996年と2000年に量子化学者のジョン・ハゲリンを大統領候補にあげているが、象徴的な候補にすぎず、実際はわずかな得票しかなかった[1]。ヨーロッパやカナダでも同様の理念を掲げる自然法党が活動した。アメリカでは2003年までに衰退して、2004年ほぼ解散状態となった。

脚注・参照[編集]

  1. ^ a b ダグラス・E・コーワン、デイヴィッド・G・ブロムリー 著 『カルトと新宗教 アメリカの8つの集団・運動』 村瀬義史 訳、キリスト新聞社、2010年