自然の森総合公園サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自然の森総合公園サッカー場(しぜんのもりそうごうこうえんサッカーじょう)は、鹿沼市が運営しているサッカー専用グラウンドで、自然の森総合公園内に立地している。栃木SC宇都宮フィールド(宇都宮市サッカー場)が改修されるまで、J2栃木SCが練習場として使用していた。このサッカー場が完成するまで、同クラブには固定の練習場もクラブハウスもなかったが、当サッカー場の開場により、その2つをクラブ史上初めて手に入れることになった(ただし、クラブハウスはあくまで鹿沼市所有のもので、栃木SC専用というわけではなかった)。フィールドは人工芝で、天皇杯の栃木県予選などが行われている。

仕様[編集]

  • 収容人数 - 900人(全席芝生席)
  • 照明 - 200ルクス

設備[編集]

開場当初はスタンドはなかったが、その後、バックスタンドが建設された。このバックスタンドは、メイン側から見て右半分のみに設置されており、左側半分はキックターゲット用の壁になっている。芝生席であるものの、木の板で段状になっている。

ピッチの人工芝にはフルコートのサッカーのラインと、少年用2面のラインがペイントされている。

交通[編集]

その他[編集]

自然の森総合公園内には、他に軟式専用の野球場や、フットサル場などがあり、フットサル場はサッカー場のウォームアップスペースとして使用されることも多い。

外部リンク[編集]