自意識過剰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自意識過剰(じいしきかじょう)とは、が他に対して自己を意識し過ぎた状態。他人が自分をどう見ているかを気にしすぎる状態[1]。 人前でスピーチをする時などに、他者の目を意識するあまりの極度の緊張状態は、あがり症と言われている[2]反意語として無意識過剰という言葉が存在する。 テロリストには自意識過剰者が多いと言われている。

対処方法[編集]

「他人は、他人自身のことで頭がいっぱいである」・「自分が思っているほど、他人は自分のことを意識していない」・「他人は、自分に関する事柄を覚えていないうえ、自分が欠点だと思っているところにも気づいてすらいない」といった事実を覚えておくことが大切であるとされる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コトバンク - 自意識過剰”. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ あがり症との関係『自意識過剰とあがり症』”. あがり症克服.com. 2012年1月15日閲覧。
  3. ^ 和田 秀樹 (2012). “自意識過剰”から抜け出す8つのヒント 大和出版, 21-22・27-29頁

関連項目[編集]