自動車安全運転センター法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
自動車安全運転センター法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和50年7月10日法律第57号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 自動車安全運転センターについて
関連法令 道路交通法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

自動車安全運転センター法(じどうしゃあんぜんうんてんセンターほう;昭和50年7月10日法律第57号)は、特殊法人自動車安全運転センターの活動・運営について定めた法律である。

同法により自動車安全運転センターは各都道府県(北海道は方面ごと)に事務所が置かれ、交通事故証明書・運転経歴証明書等の発給などを業務とする。

構成[編集]

  • 第一章 総則(第1条―第8条)
  • 第二章 設立(第9条―第14条)
  • 第三章 管理(第15条―第28条)
  • 第四章 業務(第29条―第31条)
  • 第五章 財務及び会計(第32条―第36条)
  • 第六章 監督(第37条・第38条)
  • 第七章 雑則(第39条―第41条)
  • 第八章 罰則(第42条―第45条)
  • 附則

外部リンク[編集]