臥龍桜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
臥龍桜。正面より
臥龍桜正面。大勢の花見客でにぎわう
臥龍桜。駅側より
臥龍桜と臥龍公園
冬の臥龍桜

臥龍桜(がりゅうざくら)は岐阜県高山市一之宮町にあるの名称。が地に臥しているように見えることからその名が付いたが、伊勢湾台風によって龍の胴体部分にあたる部分が枯死し、現在は2本の桜からなる。

1973年(昭和48年)に国の天然記念物に指定された。種類はエドヒガンザクラ。1100歳を越える老樹である。大幢寺(曹洞宗)の境内にあり、1989年(平成元年)に周辺が臥龍公園として整備された。なお昔は「大幢寺(だいどうじ)の大桜」と呼ばれていたが、寺の和尚(道仙)により1931年(昭和6年)に臥龍桜と名付けられた。毎年4月中旬に桜まつりが開かれる。JR飛騨一ノ宮駅のすぐ近くであり駅舎や停車中の車両の中からも見ることができる。飛騨・美濃さくら三十三選に選定されている。

概要[ソースを編集]

  • 種類:エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)
  • 高さ:約20m
  • 枝張り:約30m
  • 幹周り:約7.3m
  • 所在地:岐阜県高山市一之宮町 臥龍公園内

外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯36度5分20.96秒 東経137度14分52.83秒 / 北緯36.0891556度 東経137.2480083度 / 36.0891556; 137.2480083