臘日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

臘日(ろうにち、ろうじつ)とは、日本に登場する注記の一つである。選日法はいくつかあるが、旧暦12月に来る。

「臘」とは「つなぎあわせる」という意味で、新年と旧年の境目となる旧暦12月のことを「臘月」ともいう。元々は「臘祭」という中国の習慣で、年末に神と祖先の祭祀を一緒に(=つなぎあわせて)行うというものであった。「臘」は「猟」に通じ、猟をして捕えた獣を祭壇に供えた。日本にはこの習慣は伝わらず、臘日は単なる暦注の一つとなっている。しかし、その吉凶には諸説あり、採用していない暦も多い。この日を年の暮れとして大祓を行うこともあり、そこから大晦日のことを臘日と呼ぶこともある。

臘日の選日法には以下のものがある。

小泉光保の『循環暦』では、「辰は五行思想では土気であり、は水気なので土剋水となり、水気を土気で剋するために辰の日を臘日とする」と説いている。『循環暦』では「大寒に近い辰日」を臘日としているが、戌も土気であり、同じ理屈となる。

参考文献[編集]

  • 岡田芳朗・阿久根末忠『現代こよみ読み解き事典』柏書房、1993年。ISBN 4-7601-0951-X