脳地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

脳地図 (brain atlas) とは、の様々な解剖面に沿った断面画像を連続的に張り合わせて作った地図である。健康な脳や病気の脳、成熟した脳や発展途上の脳、動物の脳や人間の脳の地図がある。それぞれの脳の輪郭や体積は地図上の座標系にマッピングされる。脳地図は脳機能マッピングの画像データを、切れ目なく包括的に地図の形に再構成したものである。マッピングするデータは、解剖学的、遺伝学的、または機能的なものがあり得る。

ほとんどの地図では、三次元座標軸の取り方は、latero-lateral (x), dorso-ventral (y) and rostro[要曖昧さ回避]-caudal (z) となっている(用語については解剖学における方向の表現を参照)。断面としては以下のものがある:

表面地図も、3Dの連続断面地図に加えて用いられることもある[1]

ヒトの脳[2]の他に、マウス[3]アカゲザル[4]ショウジョウバエ[5]、その他の生物の脳地図が作成されている。

著名な脳地図プロジェクト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NeuroMaps Viewer”. Neuromaps.braininfo.org:8180. 2016年1月30日閲覧。
  2. ^ The Human Brain · Atlas of the Human Brain · www.thehumanbrain.info · Homepage”. Thehumanbrain.info. 2016年1月30日閲覧。
  3. ^ ISH Data :: Allen Brain Atlas: Mouse Brain”. Mouse.brain-map.org. 2016年1月30日閲覧。
  4. ^ Home :: NIH Blueprint Non-Human Primate (NHP) Atlas”. Blueprintnhpatlas.org. 2016年1月30日閲覧。
  5. ^ Flybrain Front Page”. Flybrain.neurobio.arizona.edu (2000年7月26日). 2016年1月30日閲覧。