脳内音声兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名:)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はV2K。

  1. パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、
  2. 人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置

脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。

しかし、フレイ効果ではパルス性マイクロ波の照射を受けた頭部で、クリック音のような音は聞こえることは確かめられているが、明瞭な話し声が伝送できるか否かは、定かではない。1から10までの数字を話し声として伝送できたという研究はある。

フレイの研究によれば、2インチ四方の金網を頭部に当てることで、脳内での音の発生がなくなったことが示されているので、兵器としての利用では、鉄兜をかぶっている兵士には無効なので、兵器としての有効性に疑問がある。

この兵器は、物理学的に立証されているマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)を適用したものである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]