脇本駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脇本駅
駅舎
駅舎
わきもと
Wakimoto
船越 (4.0km)
(4.8km) 羽立
所在地 秋田県男鹿市脇本脇本字曲田13-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 男鹿線
キロ程 18.9km(追分起点)
秋田から31.9km
電報略号 ワモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
205人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1914年大正3年)11月8日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム

脇本駅(わきもとえき)は、秋田県男鹿市脇本脇本字曲田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線である。

歴史[編集]

かつては石油資源開発専用線が接続し、そこに申川油田からパイプラインがつながっていた。日本国内唯一(廃止時)の原油輸送が当駅から船川港駅まで行われていたが、2001年タンクローリー輸送に切り替えられ廃止された。

1914年(大正3年)開業以来の木造平屋建て駅舎が100年以上に渡って使用されてきたが、老朽化に伴い2016年(平成28年)9月23日から建て替え工事が始まり、9月28日から仮駅舎での営業となっている。新しい駅舎は寒風山をイメージした木造平屋建て9.8平方メートルとなる予定である[1]

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。

1914年(大正3年)に開業した当時からの木造平屋駅舎約120平方メートルがそのまま使用されているが、管轄するJR東日本秋田支社では建て替えを発表している[2]

男鹿駅管理の無人駅2011年3月31日までは男鹿市が業務を受託する簡易委託駅(販売は平日のみ)であった。

のりば[編集]

1 男鹿線(下り) 男鹿方面
2 男鹿線(上り) 追分秋田方面

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 358
2001 338
2002 305
2003 292
2004 269
2005 274
2006 267
2007 251
2008 220
2009 205

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
男鹿線
船越駅 - 脇本駅 - 羽立駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 男鹿線脇本駅舎を改築します (PDF)”. JR東日本秋田支社 (2016年9月27日). 2016年9月28日閲覧。
  2. ^ 築102年、脇本駅舎を建て替え 新駅舎は寒風山イメージ”. 秋田魁新報 (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 脇本駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道