能郷白山神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
能郷白山神社
Shinto shrine Hakusan in Nougou 2010-4-4.JPG
能郷白山神社(2010/4)
所在地 岐阜県本巣市根尾能郷162
位置 北緯35度41分4.68秒
東経136度34分0.06秒
座標: 北緯35度41分4.68秒 東経136度34分0.06秒
主祭神 菊理媛神
伊弉諾尊
伊弉冉尊
社格 旧郷社(式内社の説あり)
創建 伝養老2年(718年)
本殿の様式 流造
別名 白山神社
例祭 4月13日
テンプレートを表示
奥宮(2010/4)

能郷白山神社(のうごうはくさんじんじゃ)は、岐阜県本巣市根尾能郷(ねおのうごう)に鎮座する神社。奥宮は能郷白山(標高1617.3m)の山頂にある。元は奥宮が本宮であったが、地元の人々のために現在の本宮が築かれたという。

祭神[編集]

沿革[編集]

養老2年(718年)、泰澄加賀国白山比咩神社より勧請し創建したと伝え、「北陸七白山」の一つという(北陸七白山の他の神社の一つは大山白山神社という)。創建時は「白山妙理権現」といい、虚空蔵菩薩十一面観世音菩薩聖観世音菩薩が祀られていたという。

明治6年(1873年)6月郷社に列し、同30年(1897年)に現在の社殿が再建され、平成19年(2007年)、本宮の修復が行われる。

祭祀[編集]

毎年4月13日の例祭では能郷の能・狂言が行なわれる。

社殿[編集]

現在の本殿は明治30年の再建である。

文化財[編集]

重要無形民俗文化財(国指定)
  • 能郷の能・狂言[1]
岐阜県指定文化財
  • 和鏡(重要文化財)[2]
  • 能面(重要文化財)[3]
  • 能狂言装束類(重要文化財)[4]
  • 梵鐘(重要文化財)[5]
  • 能狂言本(重要文化財)[6]
  • 供物器(重要有形民俗文化財)[7]
本巣市指定文化財

交通[編集]

本宮

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 能郷の能・狂言”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  2. ^ 和鏡”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  3. ^ 能面”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  4. ^ 能狂言装束類”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  5. ^ 梵鐘”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  6. ^ 能狂言本”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  7. ^ 供物器”. 岐阜県. 2013年4月24日閲覧。
  8. ^ 絵画・彫刻”. 本巣市. 2013年4月24日閲覧。
  9. ^ a b 典籍”. 本巣市. 2013年4月24日閲覧。
  10. ^ a b 工芸品”. 本巣市. 2013年4月24日閲覧。