能登ノ山竜三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

能登ノ山 竜三(のとのやま りゅうぞう、本名:山村 竜三(やまむら りゅうぞう)、1928年5月5日 - 1971年7月20日)は、石川県珠洲郡(現在の珠洲市)出身の元大相撲力士。身長193cm、体重129kg。立浪部屋所属。最高位は東十両13枚目(1950年1月場所)。引退後は世話人となり、立浪部屋で後進の育成に務めた。

略歴[編集]

  • 1946年11月場所 初土俵
  • 1950年1月場所 新十両
  • 1958年5月場所 現役を引退。世話人に転向
  • 1971年7月 死去

主な成績[編集]

  • 生涯成績:187勝214敗21休(41場所)
  • 十両成績:25勝20敗(十両在位:5場所)
  • 各段優勝:序二段1回(1947年6月場所)

四股名変遷[編集]

  • 立嵐 竜三(たつあらし りゅうぞう)1946年11月場所 - 1947年11月場所
  • 能登ノ山 竜三(のとのやま -)1948年5月場所 - 1950年1月場所
  • 能登ノ山 龍三(- りゅうぞう)1950年5月場所 - 9月場所
  • 西城山 龍三(にしぎやま -)1951年1月場所 - 1953年5月場所
  • 能登ノ山 龍三(のとのやま -)1953年9月場所 - 1958年5月場所

関連項目[編集]